« 「ワン・デイ 23年のラブストーリー」:アン・ハサウェイを見る映画 | トップページ | 「乱れる」:突き放すエンディング »

2012年7月 7日 (土)

緑と赤のキャラメル

Dsc_1547

「1粒で2度おいしい」言えば、イコール『アーモンドグリコ』かと思ったら、さにあらず。こちらは『抹茶ミルク グリコ』です。「宇治抹茶の風味と芳醇なミルク味」で2度おいしいってことのようですよ。色は渋い緑。昔、静岡みやげの「茶飴」ってのがありましたけど(今もあるのかな?)、あの味です。確かに抹茶の渋みとまろやかなミルクが互いを引きたてています。グッド。

Dsc_1490

で、こちらは赤です。Jリーグ創設時のヴェルディ川崎vs.鹿島アントラーズみたいなもんですね。 『太陽いっぱいの真っ赤なキャラメル』。函館市の道南食品ってところが作っています。この赤はなななんと、トマト! 先行商品として『太陽いっぱいの真っ赤なゼリー』ってのがあって、それのキャラメル・バージョンのようですよ。原材料に「トマトピューレ」とありますし、確かにトマトの味が感じられますが、それほどキツくはないので、無理のない風味です。でもまあ、好き好んで食べたい!ってほどではないんですけどね。

|

« 「ワン・デイ 23年のラブストーリー」:アン・ハサウェイを見る映画 | トップページ | 「乱れる」:突き放すエンディング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/46236155

この記事へのトラックバック一覧です: 緑と赤のキャラメル:

« 「ワン・デイ 23年のラブストーリー」:アン・ハサウェイを見る映画 | トップページ | 「乱れる」:突き放すエンディング »