« 楳図かずお×ルミネの広告 | トップページ | U-20女子ワールドカップの日本チーム »

2012年8月21日 (火)

「Virginia ヴァージニア」:自由で耽美な個人映画

342839_001

映画『Virginia ヴァージニア』は、近年寡作な上に小品の単館公開ばかりというフランシス・フォード・コッポラ作品。 娘ソフィアの『SOMEWHERE』に出演したエル・ファニングを使って、自由闊達にやりたい放題です。なんか晩年の新藤兼人の「自由さ」に近いものを感じますね。

342839_009

とにかく映像が美しくって、もう今更「実験的」でもないのですけど、モノクロとカラーを行き来しつつの耽美追究です。特にモノクロの中に差し色の赤だけが鮮烈だったりする素晴らしさは、やはり眼福。かと思うと、やけに素人っぽかったり、(コッポラの出自であるところの)ロジャー・コーマンぽかったりもするのですが・・・。

342839_002

この闇の中をたゆたう、この世のものならぬエル・ファニングを見るだけでいいような映画ではあります。コッポラも耽美に走り、趣味に走った(エドガー・アラン・ポーまで登場させちゃったりして)あげく、かなりいいかげんなラストで「はい、おわり!」にしちゃった89分ではありました。

342839_003
主人公の小説家(ヴァル・キルマー)の娘の事故死と自責の念って、それコッポラの息子のことじゃないですか! ボート事故ってことまで同じです。 うーむ、実に個人映画です。自由と言えば自由ですけど・・・。

342839_004

それにしてもヴァル・キルマー太ったなあ。彼がカッコ悪くて魅力なしなもんで、この映画の世界には合わないっす。 そしてほんっと久々に見ました、ブルース・ダーン! 面影は残しつつも、完全にジジイになってました。 そしてクセの強いナレーションは、なんとトム・ウェイツでした(なぜ?)。

|

« 楳図かずお×ルミネの広告 | トップページ | U-20女子ワールドカップの日本チーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/46779573

この記事へのトラックバック一覧です: 「Virginia ヴァージニア」:自由で耽美な個人映画:

» 「Virginia/ヴァージニア」 [或る日の出来事]
夢と幻想がいりまじった、ちょっとだけ怪奇な物語。 時間的にも90分ほどで、愛すべき小品という印象。 [続きを読む]

受信: 2012年8月21日 (火) 23時35分

» Virginia/ヴァージニア /TWIXT [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click 「SUPER 8/スーパーエイト」ではオマケでゾンビになったエルちゃんが、 今度はヴァンパイアにされちゃった少女 ポスターはちゃっかり、エル・ファニング主演のホラーみたいな感じだけど 主演は、ヴァル...... [続きを読む]

受信: 2012年8月22日 (水) 08時34分

» Virginia/ヴァージニア [あーうぃ だにぇっと]
Virginia/ヴァージニア@ヒューマントラストシネマ有楽町 [続きを読む]

受信: 2012年8月26日 (日) 11時03分

» Virginia/ヴァージニア [だらだら無気力ブログ!]
退屈だった・・・・。 [続きを読む]

受信: 2012年8月27日 (月) 01時05分

« 楳図かずお×ルミネの広告 | トップページ | U-20女子ワールドカップの日本チーム »