« 「ル・コルビュジエの家」:ままならない寓話 | トップページ | 「ヴァンパイア」:静謐な岩井ワールド »

2012年9月30日 (日)

「ライク・サムワン・イン・ラブ」:キアロスタミ流「これが映画だ!」

342961_005

キアロスタミが単身日本に乗り込んで、日本人俳優&スタッフを使って撮影した映画『ライク・サムワン・イン・ラブ』には唸りました。驚きました。まさにアッバス・キアロスタミにしか撮れないような作品です。誰にでも撮れそうでいて、誰にも撮ることのできない作品。

342961_001

どこにでもいそうな人たちの足掛け2日の人生の断片に過ぎないのですが、その切り取り方の巧みなこと。イタリアで撮ろうが(『トスカーナの贋作』)、日本で撮ろうが、キアロスタミは人間を描き、人生を描き、それは普遍性を獲得します。物語を語ることの巧みさと決意があります。

342961_007

それにしても、中盤以降徐々に高まる不安定な緊張感の凄さ。いや、それはそもそも冒頭からあったわけですが・・・。平穏な人生の脆さと、日常のタイトロープ性が浮きあがっていきます。そんなサスペンスを静かに淡々と描いていく、この名人芸。「映画」の魔法を見る思いです。

342961_006淡々とした日常的描写の中に魔が潜む感じ。人が心の中で思うことが交錯し、蛇行し・・・というような、ほんの微かな心理描写。ミリ単位のニュアンス。「小説ならできること」を、より繊細に、映画ならではの見せ方で紡いでいきます。

オーディションで選ばれた奥野匡、高梨臨、そして加瀬亮の3人が、それぞれの役を生きています。リアルです。 彼らだけではなく、胡散臭いでんでんとか本当にウザイ隣家のオバサンとかも効いています。

342961_003

(以下ややネタバレあり)  ラストで3人の人生は、それぞれ取り返しのつかないダメージを負ってしまうことが示されます。それを示唆して、皆まで描き切らないエンディング。見事です。 それにしても衝撃的なラストでした。

|

« 「ル・コルビュジエの家」:ままならない寓話 | トップページ | 「ヴァンパイア」:静謐な岩井ワールド »

コメント

大江戸時夫様。
TBをありがとうございました。
この作品、最後のシーンは、やがて何かが起きるのではと予想されましたが、ちょっと衝撃的でしたね。
それからあとどうなるのか、などとついうがった見方をしてしまいますが・・・。
キアロスタミ監督の次作に期待します。

投稿: Julien(徒然草) | 2012年10月 2日 (火) 09時55分

Julienさま、コメントありがとうございます。
でもまさかああ来るとは思いませんでした。そしてストンと断ち落として、甘美なジャズ・ボーカル。見事です。

投稿: 大江戸時夫 | 2012年10月 2日 (火) 22時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/47267722

この記事へのトラックバック一覧です: 「ライク・サムワン・イン・ラブ」:キアロスタミ流「これが映画だ!」:

» ライク・サムワン・イン・ラブ [佐藤秀の徒然幻視録]
〜に似た人 公式サイト。日本=フランス。原題:Like Someone In Love。アッバス・キアロスタミ監督、奥野匡、加瀬亮、でんでん、高梨臨、鈴木美保子、窪田かね子、岸博之、森レイ子、大 ... [続きを読む]

受信: 2012年9月30日 (日) 23時52分

» ライク・サムワン・イン・ラブ [映画的・絵画的・音楽的]
 『ライク・サムワン・イン・ラブ』をユーロスペースで見ました。 (1)イランのアッバス・キアロスタミ氏による作品(監督・脚本)でありながら日本語が話される映画として製作され(日仏共同制作)、それに加瀬亮も出演していると聞いて映画館に出向きました。  映画...... [続きを読む]

受信: 2012年10月11日 (木) 06時09分

» 『ライク・サムワン・イン・ラブ』 映画館ならではの面白さ! [映画のブログ]
 極めつけに面白い小説家を挙げよと問われたら、あなたは誰を推すだろうか。  人それぞれお薦めの作家がいるだろうが、私は悩みに悩んで「日本人なら国枝史郎」と答えるだろう。  国枝史郎(1887-1943年...... [続きを読む]

受信: 2012年10月21日 (日) 04時48分

« 「ル・コルビュジエの家」:ままならない寓話 | トップページ | 「ヴァンパイア」:静謐な岩井ワールド »