« 「踊る大捜査線 踊る大捜査線 THE LAST TV サラリーマン刑事と最後の難事件」 | トップページ | 「天地明察」:ほど良く平明 »

2012年9月 2日 (日)

「トガニ 幼き瞳の告発」:観る者を憤怒させる告発の力

342513_001
映画『トガニ 幼き瞳の告発』ほど観る者を憤怒させる作品は、映画史上かつて無かったのではないでしょうか。そう思うほどの告発パワーを持った力作です。鑑賞中何度握りこぶしに強い力が入ったことか。

342513_005

前半に展開される聾唖学校での悪魔の所業の描写にはもう「やめてぇえええーーっ!」って感じで、スクリーンを凝視するのが辛いほど。あの(言っちゃあ悪いけど温水洋一みたいな)双子の校長と行政室長、そして暴力教師と女寮長の怖さ、いやったらしさを直球で、ぐいぐいと描写していきます。あまりの非道さ、鬼畜かげんに、観ていてはらわたの煮えくりかえる思いです。

342513_006

(以下ネタバレあり)  事件関与者たちが逮捕されてからも、役所や警察の腐りきった対応とか、裁判で勝つための汚い手段のあれこれとか、あくまでも観客の怒りをあおりまくってくれます。 手法やドラマの作りとして、あえて「通俗」の強さを貫いて、ぐんぐん進みます。

342513_002

主人公が韓国男子としては珍しいほど(?)物静かでちょっと軟弱なほどの優(やさ)男。観てるこちらとしては、「おまえがもうちょっと、しっかりせにゃあいかんだろう」とか「黙ってないで、もっとハッキリ行動しろよ」とか思ってしまうのですが、実は彼(コン・ユ)が本作映画化の原動力になったのだそうですね。

342513_004

この結末に救われない無力感を感じるわけですが、でもこの映画が世論を沸騰させ、新しい法律が制定され、この学校も廃校となった事実に、我々はせめてもの救いを感じます。そして改めて映画という表現装置の力の大きさも、再認識するのです。 作ることに非常に大きな意義のあった映画、作られなければいけなかった作品です。

|

« 「踊る大捜査線 踊る大捜査線 THE LAST TV サラリーマン刑事と最後の難事件」 | トップページ | 「天地明察」:ほど良く平明 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/46926991

この記事へのトラックバック一覧です: 「トガニ 幼き瞳の告発」:観る者を憤怒させる告発の力:

» トガニ 幼き瞳の告発 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。韓国映画。英題:Silenced、または原題トガニの直訳、The Crucible(ルツボ)。コン・ジョン原作の、韓国光州市で起きた実話に基づく。ファン・ドンヒョク監督、コン・ユ、チョ ... [続きを読む]

受信: 2012年9月 2日 (日) 23時06分

» 映画レビュー「トガニ 幼き瞳の告発」 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
るつぼ(トガニ) / 韓国映画OST(韓国盤)クチコミを見る◆プチレビュー◆実話に基づく児童虐待事件を描く衝撃作「トガニ 幼き瞳の告発」。韓国では法改正まで行われ、映画の力を示 ... [続きを読む]

受信: 2012年9月 3日 (月) 00時03分

» トガニ R18 日本的配慮が陳腐に思えてくる、韓国の容赦なき作品。 [もっきぃの映画館でみよう(もっきぃの映画館で見よう)]
聴覚障がい者の学校での性的虐待事件を扱った映画ということで、ちょっと重いなあと 思いつつ、興味も強くて見に行ったこの作品。気が重いと言う間もなく引き込まれ、 韓国らしい容赦のなさに巻き込まれ、クライマックスでは虐待を受けた少女の眼識と 感性にうならされま...... [続きを読む]

受信: 2012年9月15日 (土) 01時05分

« 「踊る大捜査線 踊る大捜査線 THE LAST TV サラリーマン刑事と最後の難事件」 | トップページ | 「天地明察」:ほど良く平明 »