« 「希望の国」:ストレートなメッセージだが・・・ | トップページ | 「危険なメソッド」:どうしたの?クローネンバーグ »

2012年10月29日 (月)

「アルゴ」:上出来サスペンス

343336_003

映画『アルゴ』は、思った以上に上出来のサスペンス。俳優兼監督として、ベン・アフレックがクリント・イーストウッドの後継者に近づいた1作です。

343336_002

とにかく堅実に、往年のハリウッド映画が持っていた上質のエンタテインメントを生むテクニックとクォリティを存分に示してくれます。脚本も、演出も、そして役者たちも、みんないい仕事してます。そして脇にアラン・アーキンやジョン・グッドマンを使うことによって、どれだけこの映画が厚みを増し、B級からA級への越境を果たし得たことか、と感じるわけです。

343336_004

全体的に’70年代から’80年代初頭の時代の空気が描けていますし、ポーカーフェイスのベン・アフレックがいいんですよねえ。 それにしてもこれが事実だったってのはオドロキ以外の何物でもありません。「事実は小説より奇なり」とはこのことです。

343336_001_2

久々に上質のサスペンスを観た思い。終盤の空港あたりのハラハラドキドキの展開には、実際ノドがカラカラになりました。その前段として、「イランのこいつらは凶暴なんだよ」と布石を打っておくことにより、生きるか死ぬかの緊迫感を打ち出し、サスペンスを一層高める手腕も見事でした。

巻頭に出てきた赤字に黒のWマーク=’70年代あたりに使われていたワーナー・ブラザーズのタイトル・ロゴ が、メチャクチャ懐かしかったなあ。

|

« 「希望の国」:ストレートなメッセージだが・・・ | トップページ | 「危険なメソッド」:どうしたの?クローネンバーグ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/47622786

この記事へのトラックバック一覧です: 「アルゴ」:上出来サスペンス:

» 映画レビュー「アルゴ」 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
Argo: How the CIA and Hollywood Pulled Off the Most Audacious Rescue in Historyクチコミを見る◆プチレビュー◆ウソの映画製作で人質を助け出す驚きの実話「アルゴ」。監督ベン・アフレックの緩急をつけ ... [続きを読む]

受信: 2012年10月30日 (火) 00時12分

» 映画:アルゴ Argo 長く極秘にされていたイランからの「奇抜」な救出大作戦。重さ軽さの対比が売り! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
アメリカでも公開されたばかり(8/31)のこの映画が日本でもさっそく。 1979年革命真っ最中のイラン。アメリカ大使館が乗っ取られ、52人のアメリカ人外交官が人質に。 その直前に脱出した6人のアメリカ人外交官を救出する秘密作戦。 その方法が奇抜! 「アルゴ」とい...... [続きを読む]

受信: 2012年10月30日 (火) 01時16分

» 『アルゴ』 この緊迫感はたまらない! [コナのシネマ・ホリデー]
18年間封印されていた30年以上前の人質救出作戦の真相。クリントン大統領(当時)によって解禁された実話は、B・アフレックによってハラハラ、ドキドキのスリリングな映画作品に仕上がっていた。なんだか、やけにリアルに感じてしまったその理由は、... [続きを読む]

受信: 2012年10月30日 (火) 01時59分

» アルゴ [Akira's VOICE]
地味だけど面白い。   [続きを読む]

受信: 2012年10月30日 (火) 09時49分

» [映画『エクスペンダブルズ2』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆うむ、メチャ面白かった。  スタローンが、『ランボー・最後の戦場』で見せた「コテンパンさ」を見せつけてくれた。  正直、シリーズの『1』はクソだった。  『1』では、  アクションの一部を構成するに過ぎない、所詮は「筋肉」でしかないことを忘れていて、...... [続きを読む]

受信: 2012年10月30日 (火) 20時18分

» [映画『アルゴ』を観た(短信)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆女の子ってのは面白い。 「ポイントを溜めたタダ券が二人分あるから、一緒に行くぞ!」と私が言うと、「そりゃ得したね、やったあ!」と叫ぶのだが、  そもそも、私は、女の子と映画を見に行くときは、必ず相手の分も払うので、いつでも、あなた、「やったあ!」じゃ...... [続きを読む]

受信: 2012年10月30日 (火) 20時19分

» アルゴ・・・・・評価額1700円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
事実は映画よりも奇なり。 イラン革命の混乱の中、治外法権のはずの大使館に怒れる過激派学生たちが雪崩れ込み、大使館員とその家族ら52人を人質に、444日間に渡って占拠したアメリカ大使館人質事件。 全...... [続きを読む]

受信: 2012年10月30日 (火) 21時51分

» アルゴ [映画的・絵画的・音楽的]
 『アルゴ』を渋谷のヒューマントラストシネマで見ました。 (1)本作は、イランのホメイニ革命の際に起きたアメリカ大使館員救出作戦(1979年)を描いたものです。  ホメイニ革命の際に、アメリカ大使館がイラン側に占拠され、館員が人質になったところ(イラン側は、...... [続きを読む]

受信: 2012年11月 5日 (月) 20時45分

» アルゴ (Argo) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ベン・アフレック 主演 ベン・アフレック 2012年 アメリカ映画 120分 サスペンス 採点★★★★ 映画とか小説って、フィクションではあるけどあんまりにも現実からかけ離れ過ぎないよう慎重に辻褄合わせをしていたり、ハプニングに因果関係があったりと、物語…... [続きを読む]

受信: 2012年11月12日 (月) 09時14分

» 「アルゴ」第25回東京国際映画祭特別招待作品 [ここなつ映画レビュー]
ベン・アフレック監督作品。1979年に実際に起こった、イランでのアメリカ大使館占拠事件の際に、大使館を脱出した6名のアメリカ人の、その最終的なアメリカ本国への逃走劇を、CIAの人質救出作戦のプロフェッショナル、トニー・メンデス(ベン・アフレック)の活躍を通して描いた実話の映画化。この作戦は、「CANADIAN Caper」と呼ばれ、アメリカCIAの最重要シークレット事項として、長い間、1997年までアメリカ国内でさえも封印されてきていた。 イラン革命のさ中、過激派がテヘランのアメリ... [続きを読む]

受信: 2012年11月26日 (月) 14時46分

« 「希望の国」:ストレートなメッセージだが・・・ | トップページ | 「危険なメソッド」:どうしたの?クローネンバーグ »