« 黄色い秋スイーツ | トップページ | 日本、フランスに初勝利! »

2012年10月12日 (金)

「最終目的地」:さすがのアイヴォリー節

342922_006

映画『最終目的地』は、ジェイムズ・アイヴォリー監督作品&豪華キャストの割には、都内で1館のみの地味な公開。こういう作品には難しい時代ですねえ。

342922_002

ウルグアイが舞台ってのが、そもそも珍しいですよね。その隔絶された「帝国」におけるアンソニー・ホプキンスの知的でちょっとシニカルなな作家像。 その性格の悪い妻がローラ・リニー。ホプキンスの長年のボーイフレンドが真田広之。そしてシャルロット・ゲンズブールが、なかなかいいんですね。

342922_005

堂々と、優雅に、アイヴォリーが物語を語っていきます。その衒いのない素直な語り口に、無理なく引き込まれます。なんだか上質の小説を読んだ時の感覚に似ています。人物の感情で、物語を動かしていくのです。そしてやはり「恋愛至上主義」なのが、アイヴォリーらしいところ。

真田は実にナチュラル。ことさらにステレオタイプのゲイ演技などは342922_009せずに、英語の芝居をさらりと気負わずに流しています。

342922_001

それにしても奥様役ローラ・リニーが鼻もちならない性格破綻者の金持ちで(顔も気に入らなかったので)、大江戸はずっとムカついてました。主人公(オマー・メトワリー)の奥様もかなり気の強い、ちょっと勘弁してもらいたいタイプだったので、「やれやれ」って感じでしたけど。  (以下ネタバレあり) この嫌な女二人がそれなりに人生を謳歌しちゃっているラストには、「まあ世の中って、そういうもんかもね」という感想を持ったオトナな小生なのでした。

 

|

« 黄色い秋スイーツ | トップページ | 日本、フランスに初勝利! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/47425675

この記事へのトラックバック一覧です: 「最終目的地」:さすがのアイヴォリー節:

» 最終目的地 [佐藤秀の徒然幻視録]
知的にキュートなシャルロット・ゲンズブール 公式サイト。原題:The City Of Your Final Destination。ピーター・キャメロン原作、ジェームズ・アイヴォリー監督、アンソニー・ホプキンス、 ... [続きを読む]

受信: 2012年10月13日 (土) 08時08分

» 映画・最終目的地 [読書と映画とガーデニング]
2009年 アメリカ 原題 The City of Your Final Destination 大学の教員、オマー・ラザル(オマー・メトワリー)は著書を1冊残しただけで自殺した作家ユルス・グントの伝記執筆を計画し、遺言執行者の公認を得ようと遺族に手紙を送るのだが、返事は『公認却下』...... [続きを読む]

受信: 2012年10月18日 (木) 19時57分

» 最終目的地 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
The City of Your Final Destinationクチコミを見る南米の辺境の豪邸に暮らす人々の人間模様を描く「最終目的地」。国際的なキャストの中で、真田広之が潤滑油のような役割を自然体で演じてい ... [続きを読む]

受信: 2012年10月18日 (木) 23時52分

» 最終目的地 [映画的・絵画的・音楽的]
 『最終目的地』をシネマート新宿で見ました。 (1)『眺めのいい部屋』(1986年)とか『ハワーズ・エンド』(1992年)を製作したジェームズ・アイヴォリー監督の作品であり、また真田広之が出演することもあって、映画館に行ってみました。  物語は、アメリカの大学で...... [続きを読む]

受信: 2012年10月26日 (金) 22時15分

« 黄色い秋スイーツ | トップページ | 日本、フランスに初勝利! »