« 幸せにくきゅうグミ | トップページ | 湘南、自動昇格へつながるホーム最終戦の勝利! »

2012年11月 3日 (土)

「終の信託」:ヘヴィーな圧迫感

342620_005

映画『終の信託』を観て、心底疲れました。精神的に、とってもヘヴィーです。

342620_004_2

検察庁の建物がとっても嫌な感じです。外側も内側もいやな感じ。照明の暗さや、冷え冷えとして殺風景なところも嫌な感じ。空模様までも嫌な感じ。 この「嫌な感じワールド」に、終盤登場する大沢たかおがもう「ミスター嫌な感じ」として、観る者の心を圧迫します。周防監督は、『それでもボクはやってない』で司法制度の問題点を全精力を傾けて告発していましたが、今回も剛速球でぶっつけてきます。

342620_001_4

中盤までは、これまでの周防作品のテンポの良さを裏切るかのようなゆっくりペースが、ちょっと辛いほどだったのですが、終盤からは逆に「早く終わってくれ」と祈りたくなるような重苦しさ。しかも単純な「良い人」と「悪い人」の対決ってわけではないので、そこらへんの居心地の悪さや緊張感てのが、やはり嫌な感じなのです。

342620_002

役所広司の妻や子供の描き方の、だんだかハッキリしない微妙な感じも、妙にリアルでした。人間って、そうハッキリしてないもんですからね。

342620_006

草刈民代さん、役者として一歩成長しましたね。あの、多少素人っぽい口跡も、今回は医師としてのリアルな味となっていました。

ところで、『終の信託』の新聞広告とならんで「三井の信託(三井信託銀行)」の広告が出てたら面白いだろうなーと思ったのは、小生だけですかね、やっぱり?(TVCMの連続ワザでもいいんですけど)

|

« 幸せにくきゅうグミ | トップページ | 湘南、自動昇格へつながるホーム最終戦の勝利! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/47708652

この記事へのトラックバック一覧です: 「終の信託」:ヘヴィーな圧迫感:

» 終の信託 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
終の信託 オリジナル・サウンドトラッククチコミを見る現実世界でも議論が絶えない尊厳死を扱う社会派ドラマ「終の信託」。取調べ室と医療現場を行き来する構成がサスペンスフルだ ... [続きを読む]

受信: 2012年11月 3日 (土) 23時14分

» 終の信託 [佐藤秀の徒然幻視録]
それでも私は殺してない? 公式サイト。朔立木原作、周防正行監督、草刈民代、役所広司、大沢たかお、浅野忠信、細田よしひこ、中村久美。現実に起き、世間を騒然とさせた女医によ ... [続きを読む]

受信: 2012年11月 4日 (日) 00時32分

» 終の信託 : さあ、家族会議だ! [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 最近、オカラを大量に購入しました。目的は、ダイエットのためです。でも、なかなか落ちないですねぇ。では、本日紹介する作品は、私の体重と一緒で重たいテーマのこちらになり [続きを読む]

受信: 2012年11月 5日 (月) 21時41分

» 『終の信託』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「終の信託」□監督・脚本 周防正行□原作 朔立木□キャスト 草刈民代、役所広司、浅野忠信、大沢たかお、細田よしひこ■鑑賞日 10月28日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>  命の重さを量...... [続きを読む]

受信: 2012年11月 6日 (火) 08時19分

» 映画「終の信託」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「終の信託」観に行ってきました。朔立木原作の同名小説を、草刈民代と役所広司が「Shall we ダンス?」以来16年ぶりに共演し、終末医療のあり方をテーマとした、周防正行監督の... [続きを読む]

受信: 2012年11月 6日 (火) 23時59分

» 『終の信託』に必要なものとは? [Healing ]
終の信託 ★★★ それは医療か?殺人か? 『Shall we ダンス?』以来、 草刈民代と役所広司で 周防監督が16年ぶりに送るラブストーリーという触れ込みでした。 テーマは尊厳死、延命治療、終末医療、リビングウィル(生前の意思) 人生を終えるとはどういうことか。 前半は、医療ドラマ、後半は、大沢たかお扮する検事と 草刈民代演じる女医との一騎打ちとなる検事ド... [続きを読む]

受信: 2012年11月 7日 (水) 00時17分

» 終の信託 [勝手に映画評]
2007年の『それでもボクはやってない』に続く、周防監督の社会派作品。あわせて、1996年に大ヒットしてハリウッドでもリチャード・ギア主演でリメイク作品まで作られた『Shall we ダンス?』以来の周防正行・草刈民代・役所広司が揃った作品としても話題になっている。 で...... [続きを読む]

受信: 2012年11月 7日 (水) 07時51分

» 終の信託 [映画的・絵画的・音楽的]
 『終の信託』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)これまで周防正行監督の作品は、『シコふんじゃった』(1991年)、『Shall we ダンス?』(1996年)、『それでもボクはやってない』(2007年)と見てきていますので、この作品もと思って映画館に出かけました。  物語...... [続きを読む]

受信: 2012年11月10日 (土) 06時14分

» [映画][☆☆☆★★]「終の信託」感想 [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 現役弁護士でもある作家・朔立木原作の医療小説を、「Shall we ダンス?」の周防正行監督、草刈民代・役所広司主演で映画化。実際に起きた事件を題材に、終末医療のあり方を問うヒューマンドラマ。 単純に構成的な部分だけを評すると、前半から中盤にかけての展開がやや冗... [続きを読む]

受信: 2012年11月12日 (月) 19時49分

» 『終の信託』 作文には書けないもの [映画のブログ]
 さすがは周防正行監督だ。『終(つい)の信託』は144分もの長さがありながら、名人芸ともいえるショットの積み重ねで、一瞬の無駄もない。  いや、一瞬の無駄もなく切り詰めに切り詰めたからこそ、この緊迫...... [続きを読む]

受信: 2012年11月25日 (日) 22時30分

« 幸せにくきゅうグミ | トップページ | 湘南、自動昇格へつながるホーム最終戦の勝利! »