« 今日の点取占い197 | トップページ | 「食の軍師」第2巻 »

2012年11月28日 (水)

「声をかくす人」:まじめな正義の伝統

343174_001

映画『声をかくす人』は、ロバート・レッドフォード監督作品らしい「まじめさ」一本槍の佳品。でも、その真面目さは『スミス都へ行く』『摩天楼』『十二人の怒れる男』あたりから、連綿として流れているアメリカ映画の良心の部分でもあるのです。それを引き継ぐレッドフォード。クリント・イーストウッドとは別の意味で、アメリカ映画らしさを継承する偉大な映画人だと思います。

343174_003

序盤、状況説明をしている間は結構描くべきことの整理に手間取っているという印象でちょっと眠かったのですが、裁判がスタートしてからは映画がキチンと転がっていきました。やはり裁判映画というのは、その丁々発止のせめぎ合いで面白くなるものと決まっておりますし、ここでは軍法会議の裁判で市民を裁くこと、死刑ありきの誤った裁判への告発が、力を持って観る者に訴えかけます。周防正行監督の『それでもボクはやってない』『終の信託』にも通じる、司法制度への正義の告発。

343174_002

「正義」がアメリカ映画の伝統であり、しかしながらストレートに正義を描くことが時代遅れのようで気恥ずかしかったりする今日。それでも正義を描きたい人は『キック・アス』や『スーパー!』みたいに、ひねった形で扱うことが賢明な世の中になっております。それでもレッドフォードは、あくまでもど真ん中の直球勝負です。ただ本作はやや端正過ぎて、作品としての「土性っ骨」が弱いような気がすることも、残念ながら確かです。

343174_004

ジェームズ・マカヴォイ演じる弁護士は、’70年代なら絶対ロバート・レッドフォード本人の役どころ。マカヴォイの表情やしぐさを見ていると、これがやけにレッドフォードに似てたりするんですよねー。 ロビン・ライトは抑制が効いた「内面を覆い隠した」演技で、彼女のキャリア中でもベスト級ではないでしょうか。

バカ息子のしょーもなさが、(苦いけれど)ある意味で非常に効いている作品でした。

|

« 今日の点取占い197 | トップページ | 「食の軍師」第2巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/48016593

この記事へのトラックバック一覧です: 「声をかくす人」:まじめな正義の伝統:

» 声をかくす人 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
The Conspirator/声をかくす人[Region2][UK-PAL[Import]クチコミを見るアメリカで初めて死刑になった女性の知られざる真実を描く「声をかくす人」。正義の在り方を改めて問う意義は大きい。1865 ... [続きを読む]

受信: 2012年11月28日 (水) 23時31分

» 彼女が守ったもの [笑う社会人の生活]
19日のことですが、映画「声をかくす人」を鑑賞しました。 メアリー・サラットはリンカーン大統領暗殺グループへのアジト提供で捕らえられる 彼女は無実を主張し、担当弁護士フレデリックは苦悩するのだが・・・ 実話ベースのストーリーだが まだまだ知らぬことは多いな...... [続きを読む]

受信: 2012年12月20日 (木) 21時59分

» 『声をかくす人』 「現代と何の関係があるんだ?」 [映画のブログ]
 「魅力的な物語だが、現代と何の関係があるんだ?」  みんなにそう云われたと、脚本家のジェームズ・ソロモンは述懐している。18年前に『声をかくす人』の脚本を書きはじめた頃のことだ。  公式サイトは...... [続きを読む]

受信: 2012年12月27日 (木) 21時15分

« 今日の点取占い197 | トップページ | 「食の軍師」第2巻 »