« 神は細部に宿る | トップページ | 「終の信託」:ヘヴィーな圧迫感 »

2012年11月 2日 (金)

幸せにくきゅうグミ

Dsc_1982

扇雀飴本舗の『なんだか幸せにくきゅうグミ ちょっとワイルド編』レモン味です。猫や犬の肉球みたいな形のグミで、グミ独特のぷにぷに弾力を肉球の弾力に例えた商品なんですね。すっぱいパウダーつきで、まあ味も食感も実に普通ですね。パッケージ裏に「大きいグミが入っていたらラッキー!」って書いてありましたが、そんなもん入ってませんでした。しくしく。

Dsc_1983

で、こちらは姉妹品の『プニフワ幸せにくきゅうグミ ちょっとワル編』グレープ味です。こちらは「すっぱいパウダー」がついていない代わりに、ミルク系の白い台座がついてます。そしてレモンの反省からか?「大きいグミ2粒入り」と明記してあります(最初からそうしとけよ)。でも大きいったって、大したことないんですけど・・・。 

Dsc_1984

ま、こっちも普通ですねー。にしても、なんで「ワイルド」とか「ワル」とかなんだろ?

よいこのみんなは、肉球みたいに手で押してから食べると、雑菌がついちゃうからやめようね。

|

« 神は細部に宿る | トップページ | 「終の信託」:ヘヴィーな圧迫感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/47697370

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せにくきゅうグミ:

« 神は細部に宿る | トップページ | 「終の信託」:ヘヴィーな圧迫感 »