« 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」:謎は完結篇につづく | トップページ | おお明治のアーモンド新作×2 »

2012年11月18日 (日)

「北のカナリアたち」:不思議の国のサユリ

120920_kitanokanaria_main2

映画『北のカナリアたち』、不思議がいっぱいの作品でした。とにかく70近くなっても永遠の若さを保つ吉永小百合が一番の不思議なんですけどね。この役でも60歳ぐらいの現在と、40歳ぐらいの過去がほぼ髪形の違いだけで、顔は年取らないってあたりが、いつもの小百合ワールドですねえ。『ヱヴァンゲリヲン:Q』の「ヱヴァの呪縛で(14年たっても)年取らない」みたいなもんでしょうか?

120920_kitanokanaria_sub2
映画としては結構破綻が多いし、ツッコミどころもあるし、テンポがゆるすぎはせぬかと思うのですけれど、終盤はとにかく泣かせます。そりゃもう、ずるいぐらい泣かせ所のツボを押しまくってくれます。これであれだけ泣けちゃうのが不思議なところでもあります。

なんだよそれ?と思ったのは、勝地涼と宮崎あおいの件りで握手してすぐ抱き合っちゃったところ。え?!いきなりここで抱擁ですかい?不思議すぎます。 まあ、吉永と仲村トオルの件りも、描写が少なすぎて二人の感情がどうなってるのかさっぱりわかりません。

役者では石橋蓮司の刑事がいい味。蓮司さんとしては珍しく「いい人」の役で、人情味を出してくれました。

120730_kitanokanaria_sub1あと一番小さい男の子が顔といい髪形といい、人形作家の与勇輝さんの「ちゃんのおつかい」という作品にあまりにも似すぎててビックリ。不思議だなあ。

木村大作撮影監督の風光明美で壮大な映像が、ちょっとアンバランスなほど。これでもっと人間のドラマを深くしっかりと描いていたら、大自然とちっぽけな人間の対比が感慨を生むという『ライアンの娘』的効果が生まれたのでしょうけどね(寒そうな海辺の村、学校、不倫により村人たちに白眼視される、旦那は妻の不貞を知っている・・・などなど『ライアンの娘』との共通点は多いのです)。

|

« 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」:謎は完結篇につづく | トップページ | おお明治のアーモンド新作×2 »

コメント

「ライアンの娘」ですか!ありがとうございます。大きなヒントをいただきました。小百合さん、この映画大好きですもんね。
仲村トオル・柴田恭兵との関係が気になったので、再見したのですが、男女の関係ではない方が、色々説明しやすいという見解に傾いていたのに、「ライアンの娘」で、振り出しに戻りました(笑)。つじつまの合わないものほと゛、力業で説明してしまうのは楽しいものです。もう一度見ます。

投稿: 定九郎 | 2012年11月18日 (日) 23時58分

定九郎さん、コメントありがとうございます。
「ライアンの娘」との共通点はかなり多いですよね。
でも願わくは、ロージーの傘が砂浜へ飛んでいくシーンに相当する映画的な名場面が欲しかったです。

投稿: 大江戸時夫 | 2012年11月19日 (月) 19時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/47888301

この記事へのトラックバック一覧です: 「北のカナリアたち」:不思議の国のサユリ:

» 北のカナリアたち〜何人殺せば気が済むのか [佐藤秀の徒然幻視録]
大女優政権交代すべし 公式サイト。湊かなえ原作、阪本順治監督、吉永小百合、柴田恭兵、仲村トオル、森山未來、満島ひかり、勝地涼、宮崎あおい、小池栄子、松田龍平、里見浩太 ... [続きを読む]

受信: 2012年11月18日 (日) 23時24分

» 今日もどこかでデビルマン [MESCALINE DRIVE]
「北のカナリアたち」を観た。 東映創立六十周年記念作品ということで、本作は主演の吉永小百合をはじめとする日本映画界の綺羅星が出演する。永遠の映画スターである吉永小百合が演じるのは、北海道は離島の分校に赴任してきた教師。その後、彼女はある事件をきっかけに島を去ることになるのだが、二十年後に当時の教え子が起こした殺人事件を契機として島へ戻り、教え子たちと再会を果たす。その六人の教え子たちの成長した姿を演じるのは、実績も申し分のない若手俳優。森山未來、満島ひかり、勝地涼、宮﨑あおい、小池栄子、松田龍平。... [続きを読む]

受信: 2012年11月19日 (月) 00時36分

» [映画『北のカナリアたち』を観た(寸評)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆時間がないので、寸評ですまん。  ・・・予告編を見て、田舎の純朴な6人の子供たちが歌う姿が印象的で、吉永小百合演じる主人公が、北海道の大自然の中でなにやら悩む姿が、テーマミュージックのバイオリンの音色と重ねられていたので、なんとも格調高い物語が展開し...... [続きを読む]

受信: 2012年11月19日 (月) 04時42分

» 映画:「北のカナリアたち」♪。 [☆みぃみの日々徒然日記☆]
平成24年11月14日(水)。 映画:「北のカナリアたち」。 監督: 阪本順治 原作: 湊かなえ 脚本: 那須真知子 撮影: 木村大作 音楽: 川井郁子 キャスト: 吉永小百合 (川島はる)・ 柴田恭兵 (川島行夫) 仲村トオル (阿部英輔)・ 里見浩太朗 (堀…... [続きを読む]

受信: 2012年11月19日 (月) 10時51分

» 『北のカナリアたち』 カラスがカナリアになった!? [映画のブログ]
 これはたいへん面白い企画だ。  東映創立60周年を記念して、吉永小百合さんの主演映画を公開する。となれば、吉永小百合さんのイメージや、年配客が中心となるであろう客層を考えても、真面目な感動作が期...... [続きを読む]

受信: 2012年11月19日 (月) 13時40分

» 北のカナリアたち [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
東映創立60周年記念作品 北のカナリアたち オリジナル・サウンドトラッククチコミを見る東映創立60周年記念作品のヒューマン・サスペンス「北のカナリアたち」。北海道の大自然の映 ... [続きを読む]

受信: 2012年11月19日 (月) 19時50分

» 「北のカナリアたち」 罪の意識と憎しみの赦し [はらやんの映画徒然草]
東映創立60周年記念の大作。 主人公の元教師を吉永小百合さん、その生徒役を若手の [続きを読む]

受信: 2012年11月19日 (月) 21時12分

» 映画「北のカナリアたち」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「北のカナリアたち」観に行ってきました。湊かなえの短編集「往復書簡」に収録されている短編小説のひとつ「二十年後の宿題」を原作とする、吉永小百合主演のヒューマン・サス... [続きを読む]

受信: 2012年11月20日 (火) 01時15分

» 北のカナリアたち(2012-133) [単館系]
北のカナリアたち 渋谷TOEI 舞台「透明な雨」の後映画館へ。 日本最北の島で小学校教師をしていた川島はる(吉永小百合)は、 ある事故をきっかけに島から出て行ってしまう。 それから20年後、東京の...... [続きを読む]

受信: 2012年11月21日 (水) 22時12分

» 映画「北のカナリアたち」 [FREE TIME]
映画「北のカナリアたち」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2012年11月26日 (月) 00時21分

» 20年前の事件によって [笑う社会人の生活]
8日のことですが、映画「北のカナリアたち」を鑑賞しました。 日本最北の島で小学校教師をしていた川島はる はある事故をきっかけに島から出て行ってしまう 20年後 教え子の一人が殺人事件の容疑者として追われていると知りかつての生徒たちに会うため北海道へ向かう ...... [続きを読む]

受信: 2012年12月 9日 (日) 01時26分

« 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」:謎は完結篇につづく | トップページ | おお明治のアーモンド新作×2 »