« 「映画と恋とウディ・アレン」:才人の証明 | トップページ | 「北のカナリアたち」:不思議の国のサユリ »

2012年11月17日 (土)

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」:謎は完結篇につづく

Dsc_2024

本日公開の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』を新宿ミラノ1で観ました。この劇場、ヱヴァ・ファンのメッカみたいな所でして、小生も『序』『破』ともにここで観ました。しかも、シネコン全盛の今日に孤高の大劇場として屹立し、しかも半ゴーストタウン化している歌舞伎町シネタウンにあるものだから、いつ行っても空いていて、今日もギリギリに行っても楽勝で座れました。座席指定じゃない自由席ですから、状況を見ながら好きな席を選べるのもいいですね。皆様もどうごひいきに。

343233_003_2

同時上映の『巨神兵東京に現わる』(10分7秒)が前座的についてます。これ、庵野さんがこの夏に館長を務めた展覧会「特撮博物館」@東京都現代美術館でその展覧会用コンテンツとして制作された実写特撮の短編。巨神兵の造形って、やっぱりヱヴァの原点ですもんね。大江戸はその時にも観ております。庵野ワールドと樋口真嗣監督(と宮崎駿)の融合です。

343233_006

で、エヴァ本編ですが、冒頭に波が押し寄せる岩場の東映マーク! しかもやや退色した感じなんですよね、これが。 昨日のNTVにおける放映で、本作冒頭の6分38秒が公開されるってんで、そこだけ見ておいたんですけど、なるほど確かにそこから始まりました。『破』のラストの「予告」で示されたように、アスカは片目を黒いアイパッチで覆っています。クォリティ高く美しい、新たなヱヴァのアクションが展開されていきます。『序』『破』と違って、もともとのエヴァンゲリオン・ワールドを引きずらない完全新作領域のスタートです。

343233_004

レイが黒系のプラグスーツを着てるし、マリのメガネも変わったし、・・・まそれにはあっと驚く理由があったわけで、本作では今までの謎がけっこうポンポンと明かされて行きますし、一方で新たな謎も生まれていきます。新たなキャラも生まれておりまして、鈴原サクラちゃん、これがかわいかったなー。シリーズの美少女キャラの中でも、たぶん一番好みです、ハイ。

343233_001

ミステリアスなカオルくんとシンジとの間のBL(ボーイズ・ラブ)的な空気が、ちと微妙。何か違う作品を観るような・・・。 それにしても前作の終盤で「おお、成長したか!」と思わせてくれたのに、またバカシンジ、ダメシンジ、ガキシンジに退行してしまったシンジには結構イラッときます。最後の方ではもう、廃人のごとくふぬけになってるし。 やっぱり世界を救うのは、女子なんですよね。ホントそう思います。

343233_005

メインタイトルが出るのが、30分以上経過したあたり。そこから20分ほどたって、“EVANGELION:3.0 YOU CAN(NOT) REDO.”と出ます。うーん、いつも通りですね。でも『序』『破』と全く違うのは、ライトな学園ドラマ的部分を完全に抹殺して、あくまでもシリアスなトーンで辛く悲しい物語を展開するところ。

そしてラストはまさに「つづく」。いよいよ完結篇で、どうなるのか?って終わり方でした。前作『破』は、単独の作品として観てもそれなりに成立していて面白く、圧倒的に凄い地点まで到達した傑作でしたが、本作はあくまでも完結に向けて、このサーガの中で位相をずらした「ブリッジ」的な役割。 で、その完結篇(?)ですが、ラストについている恒例の予告編で示されたタイトルは『シン・エヴァンゲリオン劇場版:|┃』。うーむ、なんて読むんだ?最後の所。シン? しかも「ヱ」「ヲ」が「エ」「オ」に戻ってるし。しかも2+8号機って!? ま、いずれにせよ待つしかありませんね。その日まで閉館なんてしないでね、新宿ミラノさん!

|

« 「映画と恋とウディ・アレン」:才人の証明 | トップページ | 「北のカナリアたち」:不思議の国のサユリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/47879384

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」:謎は完結篇につづく:

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q を観たゾ [ヤジャの奇妙な独り言]
上映が終了した時の会場は もう1回観ないと分からない…声が多数   ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q [続きを読む]

受信: 2012年11月18日 (日) 01時49分

» 映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」感想 [帰ってきた二次元に愛をこめて☆]
アスカ、襲来  見知らぬ、戦艦 説明されない、設定 ヴンダー、逃げ出した後 レイ、黒いプラグスーツ 決戦、セントラルドグマ ゲンドウの求めしもの ユイ、将棋 瞬間、音、重ねて フライホイール...... [続きを読む]

受信: 2012年11月18日 (日) 04時04分

» 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」みた。 [たいむのひとりごと]
嫌悪感こそないけれど、良い意味でしっかり裏切ってくれた「Q」。正直な感想をいえば「新劇場版はどこへ行こうとしているのだろう?」といったところで、この「Q」は何度観ても、どんなに考えても、おそらく明確な... [続きを読む]

受信: 2012年11月18日 (日) 06時44分

» [(速報!) 『ヱヴァ新劇:Q』有給休暇] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆観て来ました!  作中で「結界密度が濃い」とか言う、ベリーショートにして、オールドミスのギスギス具合に拍車の掛かった赤木リツコが言う通り(この人、『破』の時の「相補性がうんたらかんたら」などなど、便利なセリフを言ってくれる^^)、  この作品、異常に...... [続きを読む]

受信: 2012年11月18日 (日) 06時50分

» 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」 再びディスコミュニケーションへ [はらやんの映画徒然草]
前作から3年半ぶりの公開となった「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」の新作です。 初日の [続きを読む]

受信: 2012年11月18日 (日) 06時51分

» [『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』を観た(2観目)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆一日に2回 同一作品を劇場で観るというのは、館内入れ替え制のなかった、中学校の時に見た「キャノンボール」以来だ。  今回は、朝一に観て、午後をゆっくりと過ごし、レイトショーで観た。  朝に続いて、館内は完フル状態だ。  昔と違うのは、座席の数以上のの客...... [続きを読む]

受信: 2012年11月18日 (日) 09時23分

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q [そーれりぽーと]
観る映画のジャンルの幅を広げようと冷めた目で観始めたこのシリーズ。 1作目で何も感じなかったのが、2作目は2回も劇場に足を運ぶほど面白くなって、今回の3作目は心待ちにしてました!マジで。 初日早朝の回で『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』を観てきました。 ★★★★ オ...... [続きを読む]

受信: 2012年11月18日 (日) 10時20分

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q [Akira's VOICE]
何これスゴい。 見応えたっぷりで圧巻。   [続きを読む]

受信: 2012年11月18日 (日) 10時23分

» 全ては監督のシナリオ通りに?〜「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」〜 [ペパーミントの魔術師]
どこぞで見たんだが、見終わったあとに三三七拍子して 「残酷な天使のテーゼ」歌おうぜみたいなのがあったけど ・・・とってもそんな雰囲気じゃなかったよ。と先に言っとこう。 比較的テレビ版や旧劇場版からそないにかけ離れなかった「序」は やたら画像が綺麗になっ...... [続きを読む]

受信: 2012年11月18日 (日) 11時48分

» 劇場鑑賞「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」 [日々“是”精進!]
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」を鑑賞してきました社会現象を巻き起こした庵野秀明監督によるオリジナルTVシリーズをリビルド(再構築)し、新劇場版として生まれ変わった全4... [続きを読む]

受信: 2012年11月18日 (日) 16時07分

» 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』 [こねたみっくす]
これぞヱヴァンゲリヲン!いやエヴァンゲリオン! いよいよ最終目的地に向けて着陸態勢に入った新劇場版シリーズ。とんでもない興奮を味わえた前2作からの期待を見事に裏切り、 ... [続きを読む]

受信: 2012年11月18日 (日) 21時01分

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q [だらだら無気力ブログ!]
もうね、何が何やら。ただ映像と音楽は素晴らしいの一言。 [続きを読む]

受信: 2012年11月19日 (月) 01時16分

» 映画:「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」♪。 [☆みぃみの日々徒然日記☆]
平成24年11月20日(火)。 映画:「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」。 原作・脚本/庵野秀明 総演出/鈴木清崇(タツノコプロ) 色彩設定/菊地和子(Wish) 美術監督/加藤浩(ととにゃん) CGI監督/鬼塚大輔、小林浩康 撮影監督/福士享(T2スタジオ) キャラ…... [続きを読む]

受信: 2012年11月20日 (火) 12時16分

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q  総監督/庵野秀明 [西京極 紫の館]
アンノ、バカァ?! 【声の出演】  緒方恵美 (碇シンジ)  林原めぐみ(綾波レイ)  宮村優子 (式波・アスカ・ラングレー)  坂本真綾 (真希波・マリ・イラストリアス)  三石琴乃 (葛城ミサト)  石田 彰  (渚カヲル)  【ストーリー】 碇シンジが深い...... [続きを読む]

受信: 2012年11月22日 (木) 00時09分

» エヴァンゲリオン新劇場版:Q [こみち]
JUGEMテーマ:映画館で観た映画nbsp; nbsp; nbsp; ◆エヴァンゲリオン シリーズ nbsp;  前作から14年後の世界でしたが nbsp; 話が飛び過ぎて何だかわからないのは nbsp; エヴァンゲリオンシリーズ特有のことなのでしょう。 nbsp; アヤナミレイは、0号機でなき9号機に登場しているし。 nbsp; プラ... [続きを読む]

受信: 2012年11月24日 (土) 21時24分

» エヴァQの感想 [気弱な反逆児、J影虎の感想リレー]
 ぶっちゃけビミョーでした。ネットでもよく言われているように、最初の7分間だけでした(笑) [続きを読む]

受信: 2012年11月25日 (日) 07時59分

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q (ネタバレなし) [青いblog]
社会情勢を反映したものでした。 難解ではなく、深く考察する必要もないほど、むしろわかりやすすぎるだけに、<後期宮崎監督>を感じてしまいました。 かつての庵野監督は、自分の問題を世界の問題とすり...... [続きを読む]

受信: 2012年11月27日 (火) 18時29分

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q [にきログ]
さて、映画を見たのは先週なんですが今更ながらに感想です 私自身はエヴァは旧アニメ旧劇場版は大学時代に1度、序・破も1回見たぐらいですね なので熱狂的なファンの人に比べたらあまり深い部分まで見ることは出来ていないとは思いますが 何だかんだ言いつつ見たので感想でも書きたいです 今回は旧アニメとは大きく変わってきましたね それをどう捉えるかって気はします 以下ネタバレ感想です... [続きを読む]

受信: 2012年12月 2日 (日) 21時13分

« 「映画と恋とウディ・アレン」:才人の証明 | トップページ | 「北のカナリアたち」:不思議の国のサユリ »