« 「007 スカイフォール」:憂愁のボンド | トップページ | オシャレなグミ×2 »

2012年12月16日 (日)

「人生の特等席」:純粋な音を聞いた

343639_007

映画『人生の特等席』は、俳優クリント・イーストウッドの(引退宣言からの)復帰作。監督は長年イーストウッドを補佐していたというロバート・ロレンツ。かなりイーストウッド・テイストに近いです。映画会社が言うように、確かに「イーストウッドDNAの継承者」かも知れません。

343639_004

お得意の「苦虫を噛み潰した表情の口の悪いガンコジジイ」を演じるイーストウッドの「味」と言ったら! タイプは違うけど、笠智衆が演じるお爺さんの「味」と共通するものを感じましたね。

343639_003

アメリカ映画的な、王道の娯楽作品として、実によく出来ています。予定調和的なところ、善悪が分かれてて勧善懲悪的なところ、伏線の効かせ方、親子の確執と和解、そして血の継承。しっかりと楽しませ、感動させてくれます。 「純粋な音を聞いた」という父と娘をつなぐキーワード、これが文学的ですね。 確かに映画の中でアマチュア・リーグの金属バットの音はなんともイヤな音で、それに対して豪速球がミットに収まる音は美しかったですもん。

343639_002

クリントの娘役のエイミー・アダムズもいいけど、ジョン・グッドマンがここでも映画に安定感と厚みを与えてくれてます。なつかしやエド・ローターがスカウト仲間で出演していたり、“T2”ロバート・パトリックも久々であの渋面を見られたりしたあたりも収穫。

343639_001
ちょうど1年前に公開された『マネーボール』とは真逆の古典的スカウトの物語。それでも、それぞれ味わいのある良作です。やはりアメリカ映画(アメリカ人)にとって、野球というスポーツは人生を感じさせる特別なものなのだと思います。『ナチュラル』や『フィールド・オブ・ドリームス』がそうであったように・・・。

|

« 「007 スカイフォール」:憂愁のボンド | トップページ | オシャレなグミ×2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/48349391

この記事へのトラックバック一覧です: 「人生の特等席」:純粋な音を聞いた:

» 映画レビュー「人生の特等席」 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
Trouble With the Curve◆プチレビュー◆頑固な父と不器用な娘の和解を描く「人生の特等席」。ストーリーは平凡だが、イーストウッドの存在感で魅せる映画。 【75点】 メジャーリーグ ... [続きを読む]

受信: 2012年12月16日 (日) 23時54分

» 人生の特等席〜カーブに対応できない2人 [佐藤秀の徒然幻視録]
ミッキー、フラナガン、ボー・・・ 公式サイト。原題:Trouble with The Curve。 ロバート・ロレンツ監督、クリント・イーストウッド、エイミー・アダムス、ジャスティン・ティンバーレイ ... [続きを読む]

受信: 2012年12月16日 (日) 23時58分

» 映画:人生の特等席 Trouble with the Curve  アンチ「マネーボール」ボヤキ爺い=C イーストウッド! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
イーストウッドといえば、ダーティハリーのころから「ボヤキ」演技が見物だった。 いつも、Good grief とか、Oh my god とか、さらにダーティな愚痴をこぼしまくるのが持ち味(笑) その特色を生かし? 近年のイーストウッド(写真中央)の演技には、目を見張るものがあ...... [続きを読む]

受信: 2012年12月17日 (月) 01時34分

» 人生の特等席 [映画的・絵画的・音楽的]
 『人生の特等席』を渋谷Humaxで見ました。 (1)『グラン・トリノ』の後、これ以上もう映画に出演しないと公言していた御歳82歳になるクリント・イーストウッドですが、本作にはその彼が出ているということで映画館に足を運びました。  彼の役どころは、プロ野球球団ア...... [続きを読む]

受信: 2012年12月17日 (月) 06時09分

» 『人生の特等席』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「人生の特等席」□監督 ロバート・ローレンツ□脚本 ランディ・ブラウン□キャスト クリント・イーストウッド、エイミー・アダムス、ジャスティン・ティンバーレイク、       ジョン・グッドマン、スコット・イーストウッド、ロバ...... [続きを読む]

受信: 2012年12月17日 (月) 08時40分

» 人生の特等席・・・・・評価額1500円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
ガンコ父娘の心の旅路。 映画人生の集大成とも言うべき傑作「グラン・トリノ」を最後に、俳優引退を宣言していたクリント・イーストウッドの四年ぶりとなる主演復帰作は、長年メジャーリーグの現場に立ち続...... [続きを読む]

受信: 2012年12月17日 (月) 20時45分

» 「人生の特等席」 変えられない、でも変えられる [はらやんの映画徒然草]
原題は「Trouble With The Curve」。 ここで言う「Curve [続きを読む]

受信: 2012年12月17日 (月) 23時00分

« 「007 スカイフォール」:憂愁のボンド | トップページ | オシャレなグミ×2 »