« 草間彌生のクッキー | トップページ | 「二郎は鮨の夢を見る」:背筋の伸びる真摯さ »

2013年2月 9日 (土)

KFCのチキンライスとパイシュー

Dsc_2333

ケンタッキー・フライド・チキンの期間限定商品『ケンタッキー チキンライス』(単品だと450円)です。モスのライスバーガーみたいにお米パティーでサンドイッチにしてあるのかと思いきやさにあらず。2枚の胸肉フライドチキンで、ケチャップご飯のかたまりをはさんでいるのでした。味付けにケチャップとマヨネーズ。

うーん、うまいっちゃうまいですけど、相乗効果は何も出ていません、ってゆーかチキンはチキン、ライスはライスそれぞれのおいしさってこと。味の一体感がまるでないのです。ま、一度食べりゃあいいって感じ。企画としては面白いけど、期間限定で正解でしょう。

Dsc_2334

で、『パイシュークリーム』(190円)も目ざとく見つけて、食べてみました。

Dsc_2335

中身はご覧の通りカスタードとホイップクリームのダブル。まあ、普通ですかね。まあ大江戸がパイシューをあまり好きじゃない(普通のパフがいいです)ってこともあるんでしょうけど、ケンタはスイーツに関してはいつも大したことないんだよなあ。今はコンビニのシュークリームも実力が上がっているので、むしろ負けちゃってるかも。残念。

|

« 草間彌生のクッキー | トップページ | 「二郎は鮨の夢を見る」:背筋の伸びる真摯さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/49296464

この記事へのトラックバック一覧です: KFCのチキンライスとパイシュー:

« 草間彌生のクッキー | トップページ | 「二郎は鮨の夢を見る」:背筋の伸びる真摯さ »