« 「ジャンゴ 繋がれざる者」:短いエンドタイトルに拍手 | トップページ | 下北沢-東北沢あたりの線路跡 »

2013年3月31日 (日)

「ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの」:敬愛すべき二人の続編

344713_003
映画『ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの』は、2010年に劇場公開された『ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人』の続編。監督はどちらもニューヨーク在住の日本人・佐々木芽生(めぐみ)さん。NY在住の奇跡のアート・コレクター(元郵便局員と元図書館司書の夫妻)を追った傑作ドキュメンタリー、その後日談です。

344713_001

彼らのコレクションを50点づつ、全米すべての州の50か所の美術館に寄贈して展覧会を開かせるというプロジェクト。つまり2,500点(!)もの作品を手離して、アメリカ中で観客に公開していくという有意義な試みの模様を追っていきます。

344713_004

相変わらずこの二人、いいんですよ。敬愛すべき存在であり、絶妙のコンビです。常にクレバーで、渉外能力も高い実務家のドロシーと、ほとんどしゃべらずとも存在感たっぷりに「目利き」の冴えを感じさせるハーブ。後半、ほとんどもうボケかかってんじゃないのかと思っていたら、展示スペースへの作品の掛け方を彼が指示する時の、適切でテキパキとした毅然さはさすがでした。まさに目がキラッと輝いて、アートの神が降臨したかのようで・・・。

344713_002
(以下ネタバレあり) 日本でも報道されましたが、夫のハーブさんは昨年夏89歳で亡くなりました。映画はその後のドロシーの姿も追っていますが、「あくまでも夫婦の共同作業だったのでもうアート・コレクションはやめた」と宣言する彼女。うん、それでいいですよ。あなたたちは本当によくやってくれました、とドロシーさんをねぎらって、これからの彼女に穏やかな日々を与えてあげたくなるような終幕でした。

(当ブログでの前作の記事はこちら) ↓

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post.html

|

« 「ジャンゴ 繋がれざる者」:短いエンドタイトルに拍手 | トップページ | 下北沢-東北沢あたりの線路跡 »

コメント

こんばんは!実は私も同じことを感じていて、
ハーブ、認知症だったのかな…と思っていたところに
ビシッと決めてくれて、とてもかっこよかったです!
やはり人生そのものがアートという彼らしい姿を見ることができましたよね。

投稿: uerei | 2013年4月 2日 (火) 01時07分

uereiさん、どうも。
ホントその通り。いちいちしゃべるのが面倒だから「聞き役」に徹していたんですね。
見事なご夫婦ですよね。

投稿: 大江戸時夫 | 2013年4月 2日 (火) 21時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/51040054

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの」:敬愛すべき二人の続編:

» 『ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの』ふたりの人生に乾杯。 [Healing ]
ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの HERB DOROTHY 50×50 ★★★★★ 集める人生から、片づける人生へ アートの旅は終焉に。 前作『ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人』で、 “小さな巨人”とはホントよく言ったものだ、と 心にずーっと残っていて、 (そして昨年に悲しいニュースが届いて…) すっかり2人の、小さな巨人に魅せられてしまって。... [続きを読む]

受信: 2013年4月 2日 (火) 02時26分

» 映画『ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの』初日舞台挨拶&トークショーレポート [INTRO]
去る3月30日(土)に公開初日を迎えたドキュメンタリー映画『ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの』の舞台挨拶が東京都写真美術館で行われ、佐々木芽生監督とドロシー・ヴォーゲルさんが登壇した。その模様をレポートする。 2013年3月30日(土)より新宿ピカデリー他、全国順次ロードショー!... [続きを読む]

受信: 2013年4月 6日 (土) 15時03分

» ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
世界中で愛されたアート系ドキュメンタリーの続編「ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの」。おしどり夫婦の別れはあまりに切ない。NY在住の元公務員で、現代アートの世界的な ... [続きを読む]

受信: 2013年4月 6日 (土) 23時56分

« 「ジャンゴ 繋がれざる者」:短いエンドタイトルに拍手 | トップページ | 下北沢-東北沢あたりの線路跡 »