« GINZA花道 | トップページ | 「ベーコン展」と「東京オリンピック'64デザイン展」 »

2013年3月28日 (木)

「草原の椅子」:何の映画?謎の企画

001

映画『草原の椅子』は、東映のプログラムの中でよくこんな企画が通ったよなって感じ。いや、どこの配給や興行であろうとも、ここまで地味な映画は今日び(いや、昔っから?)難しいでしょう。案の定、興業的には苦戦の模様。「どういう映画?」と問われて、一言二言でまとめられないのがイタイところです。

002

どうも日本映画界の名プロデューサー原正人さんが80歳を超えて最後の作品として作りたかった企画のようです。原さんのラストならってことで、みんな協力しちゃったんでしょうね。でもやっぱり「なぜ今こんな映画?」という根本の謎は解決されませんし、企画として弱いです。キャストもむしろ魅力薄ですし、そもそもこのタイトルの意味が(少なくとも映画を観ているだけでは)わかりません。

003

基本的には応援したいんですよ。大人の映画だし、善意の映画だし、ほんのりとポジティブな映画だし・・・。 でも、意外なほど浅くて。原作のせいかもしれませんが、エピソードが類型的で、意外性や深みがない、もしくは唐突過ぎるので、なんだか切実な気がしません。役者陣もごく普通の演技で、そこらへんの穴をカバーできてはいないのです。

004

唯一小池栄子だけは凄かったですねえ。やり過ぎとのギリギリのライン。最初登場した場面では、あまりにも焦燥したすっぴんだったので、彼女とはわからなかったぐらい。今、狂気を演じさせたら日本一になっていましたね、いつのまにか。邦画史上でも極めて珍しい、女性の怪優のポジションを固めております。 あと地味ながら、黒木華もなかなか良かったですよ。

いろいろあるけれど、こういう大人の映画を作るというチャレンジは、途絶えないで欲しいと願います。

|

« GINZA花道 | トップページ | 「ベーコン展」と「東京オリンピック'64デザイン展」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/50997812

この記事へのトラックバック一覧です: 「草原の椅子」:何の映画?謎の企画:

» 草原の椅子 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。宮本輝原作、成島出監督。佐藤浩市、西村雅彦、吉瀬美智子、小池栄子、AKIRA、黒木華、貞光奏風、中村靖日、若村麻由美、井川比佐志。一応、「世界にひとつのプレイブ ... [続きを読む]

受信: 2013年3月28日 (木) 23時00分

» 草原の椅子 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
50歳から始めるお金の話 映画『草原の椅子』より (小学館文庫) [文庫]不器用な大人たちが傷ついた少年との出会いで新たな人生に踏み出す「草原の椅子」。桃源郷・フンザの映像が素晴 ... [続きを読む]

受信: 2013年3月28日 (木) 23時57分

» 『草原の椅子』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「草原の椅子」□監督 成島 出□脚本 加藤正人、奥寺佐渡子、真辺克彦、多和田久美□原作 宮本 輝□キャスト 佐藤浩市、西村雅彦、吉瀬美智子、小池栄子■鑑賞日 2月24日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点...... [続きを読む]

受信: 2013年3月29日 (金) 01時01分

« GINZA花道 | トップページ | 「ベーコン展」と「東京オリンピック'64デザイン展」 »