« 「コズモポリス」:デジタル退廃とネズミ男 | トップページ | ランニングシューズを新調 »

2013年4月29日 (月)

「ペタル ダンス」:観ることの至福

344305_002

映画『ペタル ダンス』は、石川寛7年ぶりの新作。市川準なき今、大江戸の一番好きな映画監督です。『tokyo.sora』や『好きだ、』を愛する小生としては、当然大大期待作です。

344305_001

今回の映像は徹底的に濁ったグレイの曇り空トーン。でもそれが、なぜこんなに気持ち良く、人を癒す映像なのでしょう。まさに石川マジックです。映像を観ることの眼福がここにあります。

344305_003

何が起こるでもない物語、というか切り取られた人生の中の時間。それがリアルに、日常生活の中のダイアローグそのままに、目の前の景色として流れていく。でも、その中に何か貴いものが含まれているんです。こんな表現から、そんなニュアンスが生み出せるって、まさに「これぞ映画」ではありませんか!

344305_004
宮﨑あおい、怱那汐里、安藤サクラ、吹石一恵の4人が4人とも、他の監督の映画では出て来ない「別の顔」を見せてくれます。 4人ともよくはきこんだデニム。でも、それぞれに表情が違うんです。素晴らしいなあ。

(以下ネタバレあり)  最後の方の宮﨑と吹石の会話で、「ごめんね、何もしてあげられなくて。」「大丈夫、いっぱいもらった。」(ちゃんと覚えてないので、ちょっと違ってるかも知れません)ってのが、この作品のさりげないクライマックス。逆光の映像の中、鳥肌ものの素晴らしさでした!

|

« 「コズモポリス」:デジタル退廃とネズミ男 | トップページ | ランニングシューズを新調 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/51427101

この記事へのトラックバック一覧です: 「ペタル ダンス」:観ることの至福:

» ペタル ダンス〜心のイナバウアー [佐藤秀の徒然幻視録]
ちゃんと同じ場所にいるよ 公式サイト。石川寛監督、宮崎あおい、忽那汐里、安藤サクラ、吹石一恵、風間俊介、後藤まりこ、韓英恵、安藤政信。タイトルはpetal=花びらが風に揺らぐ ... [続きを読む]

受信: 2013年4月29日 (月) 22時07分

» ペタル ダンス/宮崎あおい、忽那汐里 [カノンな日々]
『好きだ、』の石川寛監督が7年ぶりに手がけた作品です。『好きだ、』は超淡々系の作品でかなり観た人の賛否が分かれてたような記憶がありますが、私は好きな作風だったので久々の ... [続きを読む]

受信: 2013年4月29日 (月) 22時31分

« 「コズモポリス」:デジタル退廃とネズミ男 | トップページ | ランニングシューズを新調 »