« 明治の甘すぎないやつ | トップページ | 「キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け」:さすがのスーザン姐さん »

2013年4月11日 (木)

「桜、ふたたびの加奈子」:円環と映像センス

130305_sakura_main

映画『桜、ふたたびの加奈子』はなかなかの異色作。栗村実監督の映画的なセンスの良さが溢れ出ています。

皿、フライパン、円形モビール、丸いミラー、フラフープなどなど執拗に繰り返される円環のモチーフ。輪廻転生を暗示するのでしょうか。それら円環ショットの多くを俯瞰で捉え、さらに俯瞰に関しては川の流れを俯瞰で撮ったショットにより(水面を流れる木の葉や桜の花びらが)季節を表すなど、映像で作品を語り切ろうとする強い意志が感じられます。絵の力で物語が回っていきます。今の日本映画界において珍種となっている「映像派」の称号を捧げたい監督です。

T0015947a(以下ネタバレあり)  サイコホラー的なサスペンスを感じさせる展開で、途中から「どう着地させるんだろう?」と思いながら観ていました。すると、なんとなんと終盤に今までのミスリードをひっくり返す展開があり、「おお!」となります。原作の功績かも知れませんが、ホンも演出もきっちりしていて、嬉しい驚きでした。 最後の最後にもう一つ(軽い)驚きがあるんですけどね。

広末涼子が今回も達者な演技を見せてくれます。そして、あるシーンで「すっぴんメイク」の彼女をやや仰角で撮ったショットは、『二十世紀ノスタルジア』における16歳位の彼女と同じ顔でした。

予想以上に面白く、また質の高い作品でした。栗村監督の今後に期待大です。

|

« 明治の甘すぎないやつ | トップページ | 「キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け」:さすがのスーザン姐さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/51177275

この記事へのトラックバック一覧です: 「桜、ふたたびの加奈子」:円環と映像センス:

» 桜、ふたたびの加奈子 [佐藤秀の徒然幻視録]
クラウド チェリー? 公式サイト。新津きよみ原作、栗村実監督。音楽は「現代のベートーベン」と言われる佐村河内守。広末涼子、稲垣吾郎、福田麻由子、高田翔、吉岡麻由子、田中里 ... [続きを読む]

受信: 2013年4月11日 (木) 23時42分

» 『桜、ふたたびの加奈子』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「桜、ふたたびの加奈子」 □監督・脚本 栗村実□原作 新津きよみ□キャスト 広末涼子、稲垣吾郎、福田麻由子、高田翔、江波杏子■鑑賞日 4月6日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 容...... [続きを読む]

受信: 2013年4月12日 (金) 08時37分

» 桜、ふたたびの加奈子 [to Heart]
あの子はきっと 生まれ変わって  帰ってくる―― 製作年度 2012年 上映時間 106分 原作 新津きよみ『ふたたびの加奈子』(ハルキ文庫刊) 脚本 監督 栗村実 出演 広末涼子/稲垣吾郎/福田麻由子/高田翔/吉岡麻由子/田中里衣/江波杏子 小学校入学前の娘、加奈子を亡くし...... [続きを読む]

受信: 2013年4月12日 (金) 12時48分

» 桜、ふたたびの加奈子 [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
子供の生まれ変わりというと胡散臭いと先入観があるけど、真正面から取り組んでいるので徐々に話に引き込まれる。犬のジローが再び出てきたことで、たまらない思いが湧き上がった。周囲の方々は涙を流しておられたけど、わてはそこまではなかった。... [続きを読む]

受信: 2013年4月12日 (金) 22時56分

« 明治の甘すぎないやつ | トップページ | 「キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け」:さすがのスーザン姐さん »