« 「死霊のはらわた」:おどろおどろしさは希薄 | トップページ | 「めめめのくらげ」:メメクラゲとの関係は? »

2013年5月11日 (土)

「孤独な天使たち」:ベルトルッチの瑞々しさ

344999_001

映画『孤独な天使たち』は、ベルトルッチ10年ぶりの作品。これがまあ「若書き」のような瑞々しさに溢れているってのが、映画の不思議です。

344999_004

隔絶された地下室での少年と少女の濃密な時・・・って言うと、若年版『ラスト・タンゴ・イン・パリ』みたいなんですけど、同じベルトルッチでもこちらは全く性的なものを排除したかのような世界。この14歳の少年は中学生円山少年とは違って、あるいは『魅せられて』や『ドリーマーズ』とも違って、妄想も行動も一切起こしません。まあ、腹違いの姉とはいえ、イタリア人としては不自然なほど。まあ、だから「引きこもり」君なのかも知れませんけど。

344999_002

だがしかし、これで映画を成り立たせちゃうあたりはもう名人芸の世界でして、面白いのです。ぐいぐい引き込まれるのです。無鉄砲な姉が先導して、家に忍び込むあたりのサスペンスとか、ダンス場面の情感とか、ラストの雰囲気とか・・・うまいなあ、映画だなあ。

344999_003

(以下ややネタバレあり)  結局何も起こらないような物語ではあります。でも、ラストのストップモーション(も久々に見たなあ)の効果とか、そこに固着された少年のポジティブな表情(いわゆる「いい顔」になったってやつ)とかは、やっぱりベルトルッチが手だれの映画監督だということを証明して余りあるものであります。

ダンス場面に使われたディヴィッド・ボウイのイタリア語版『スペース・オディティ』、これもいいんだなあ。しみるんだなあ。

|

« 「死霊のはらわた」:おどろおどろしさは希薄 | トップページ | 「めめめのくらげ」:メメクラゲとの関係は? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/51591080

この記事へのトラックバック一覧です: 「孤独な天使たち」:ベルトルッチの瑞々しさ:

» 孤独な天使たち [象のロケット]
14歳の少年ロレンツォは、学校でも外でも極端に人付き合いを避けているため、精神科のセラピーに通わせられている。 そんな彼が、学校のスキー合宿に参加すると言い出して母親は大喜びするが、それは真っ赤な嘘。 彼は自宅アパートメントの地下室で、誰にも邪魔されない一週間を過ごす計画を立てていたのだ。 ところが、そこへ長らく顔を合わせることもなかった異母姉ロレンツォがやって来る…。 青春ドラマ。... [続きを読む]

受信: 2013年5月13日 (月) 01時07分

» 孤独な天使たち [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。イタリア映画、原題:IO E TE、英題:Me and You。ニコロ・アンマニーティ原作。ベルナルド・ベルトルッチ監督、ジャコポ・オルモ・アンティノーリ、テア・ファルコ、ソニア ... [続きを読む]

受信: 2013年5月13日 (月) 10時29分

« 「死霊のはらわた」:おどろおどろしさは希薄 | トップページ | 「めめめのくらげ」:メメクラゲとの関係は? »