« 湘南、広島に0-2完敗 | トップページ | 杉並区和泉の珍景 »

2013年5月26日 (日)

「ラストスタンド」:娯楽西部劇の現在形

344069_004

アーノルド・シュワルツェネッガーが政治の世界から銀幕に主演復帰した映画『ラストスタンド』は、想像以上に面白かったです。でも興業的にはいかにも厳しかった様子で、まあ時代ですよね。派手なVFXを使った作品なら内容スカスカでも結構ヒットするし、こういう古典的テイストの上出来な娯楽作がコケちゃうんです。

344069_001_2

監督が『グッド・バッド・ウィアード』や『悪魔を見た』のキム・ジウンだってことで、スピーディーで迫力たっぷりの剛速球演出です。現代の西部劇をちゃんと作ってくれました。もっとも生々しく血は吹き出すし、ちょとバイオレントな描写はあるしで、往年の西部劇とは当然違います。でも大江戸的には、『ジャンゴ 繋がれざる者』よりも断然こっちですねえ。

344069_012_2

政治家業の疲れか、シュワがやけにジジイになってました。役柄のせいもあるのでしょうが、シワやたるみや眉毛の白髪などを隠さずに、“Old.(年だな)”と自嘲。 でもそれが本作の保安官に合っているのです。確かにスタローンの道を選ぶよりは、こっちの方がまともな選択だと思います。 悪役のギラギラした麻薬王(エドゥアルド・ノリエガ)もなかなかの迫力。この二人の最後の「対決」も、西部劇の伝統に則ったもので、今日び珍しい古典的味覚でした。いろいろご都合主義でも、辻褄が合わなくてもいいんです。西部劇だし。

344069_005_3

街なかでのド派手な銃撃戦も凄い迫力でしたが、トウモロコシ畑をなぎ倒してのカーチェイスなんかも、見たことないような新機軸アクションで「おお!」と思いました。トウモロコシがフロントガラスにボコボコ当たったりしてね。

それにしてもフォレスト・ウィテカーが、有能そうに見えて実は妙に無能なFBI司令官を演じていましたけど、よくあんな役引き受けたなあ・・・。 昔の西部劇と違うのは、白人のみならず、アフリカ系、東洋系、ヒスパニックと人種が入り乱れていることですね。

|

« 湘南、広島に0-2完敗 | トップページ | 杉並区和泉の珍景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/51787357

この記事へのトラックバック一覧です: 「ラストスタンド」:娯楽西部劇の現在形:

» ラストスタンド [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★★【4点】(10) 10年ぶりの主演復帰は無難にやり遂げましたね。 [続きを読む]

受信: 2013年5月26日 (日) 23時55分

» 『ラストスタンド』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ラストスタンド」 □監督 キム・ジウン□脚本 アンドリュー・ナウアー□キャスト アーノルド・シュワルツェネッガー、フォレスト・ウィテカー、ジョニー・ノックスビル、       ロドリゴ・サントロ、ジェイミー・アレクサンダー■鑑...... [続きを読む]

受信: 2013年5月27日 (月) 08時15分

» ラストスタンド [象のロケット]
メキシコとの国境に位置するアリゾナ州ソマートンは犯罪とは無縁の田舎町。 ところが移送中の麻薬王コルテスが逃走し、国境を越えるためにソマートンを通過しようとしていた。 コルテスが雇った屈強な傭兵部隊は特殊部隊SWATさえも蹴散らしてしまう。 ロサンゼルス市警の敏腕刑事だった保安官レイは、仲間たちと共にコルテスの国外逃亡を阻止せんと立ち上がるが…。 クライム・アクション。 ≪俺たちがラストスタンド(最後の砦)だ≫... [続きを読む]

受信: 2013年5月28日 (火) 08時31分

» 「ラストスタンド」 ザ・シュワルツェネッガー、王道のアクション映画 [はらやんの映画徒然草]
アーノルド・シュワルツェネッガーが、カルフォルニア州知事から俳優に復帰してからの [続きを読む]

受信: 2013年5月28日 (火) 20時59分

« 湘南、広島に0-2完敗 | トップページ | 杉並区和泉の珍景 »