« 今日の点取占い208 | トップページ | 「グランド・マスター」:映像美と肉体のバレエ、そして恋 »

2013年5月23日 (木)

「華麗なるギャツビー」への期待

大江戸が今いちばん楽しみにしている公開待機作といえば、それはもう『華麗なるギャツビー』です。映画館で予告編を見ると、その映像にノックダウンされちゃいます。(公式サイト)↓

http://wwws.warnerbros.co.jp/thegreatgatsby/

なんせ監督がバズ・ラーマン! いやー、大正解です。彼の圧倒的なケレン味が、そしてシャネルNo.5のCMなどに代表されるゴージャスでエレガントなモード感覚が、最高に生かされていると思います。ちょっと映像を見ただけで、その絢爛豪華な美術、衣装、映像と、重厚な本物感に圧倒されます。 しかも3D(2D版もあり)ってことで、そこにも興味しんしんです。この時代の豪奢な建築や美術を3D体験ってのは、かなり興味深いものがありますね。さらに衣装提供がプラダやミュウミュウやブルックス・ブラザーズ、宝飾品提供がティファニーと、画面に華やぎと厚みをもたらしてくれそうです。

Poster_convert_20130523230914

1974年の初映画化ではラルフ・ローレンによる「ギャツビー・ルック」が一世を風靡したのですが、ロバート・レッドフォードのジェイ・ギャツビーに、フィツジェラルドの小説とのギャップを感じたのも確か。そこ行くと今回のレオナルド・ディカプリオは、独特の「うさんくささ」がいい感じにギャツビーの影の部分を表現していそうで、合っている気がします。デイジーも、独特な個性のミア・ファローよりも今回のキャリー・マリガンの方が、ギャツビーが求め続ける「夢の女」っぽいのではないでしょうか。

タイトル・デザインやクレジットなどトレイラーにもふんだんに出て来るアールデコ文字も、黒字に金だったりして、ものの見事に『ギャツビー』の世界観を表しています。うーん、まさに小生の大好きな「アメリカン・デコ」(エンパイア・ステート・ビルディングに代表されるアレ)の世界です!

’74年版が映画全体の出来としては「ちょっと・・・」だっただけに、今回の『ギャツビー』への期待はかなり大きいものがあります。6月14日の公開が楽しみでなりません。

|

« 今日の点取占い208 | トップページ | 「グランド・マスター」:映像美と肉体のバレエ、そして恋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/51749819

この記事へのトラックバック一覧です: 「華麗なるギャツビー」への期待:

» 映画:華麗なるギャツビー The Great Gatsby 有名なレッドフォード版を未見の当ブログ。その感想は... [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
有名な、ロバート・レッドフォード版は当ブログは未見。 このため、全く真っさらな気持ちで、この映画に向かいあった(笑) その感想は... さすが F・スコット・フィッツジェラルドが原作の小説。 主人公ギャツビーの光と影を、少しずつだが、くっきりと描き出してい...... [続きを読む]

受信: 2013年6月13日 (木) 00時50分

« 今日の点取占い208 | トップページ | 「グランド・マスター」:映像美と肉体のバレエ、そして恋 »