« 「天使の分け前」:銀座テアトルシネマもうすぐ閉館 | トップページ | おすい »

2013年5月29日 (水)

「パパの木」:シンプルな佳品

345019_006

フランス人女性監督ジュリー・ベルトゥチェリがオーストラリアで撮った映画『パパの木』を、試写会で観ました。作風としては、サンダンス映画祭が似合うテイスト(でもそっちじゃなくて、カンヌのクロージング作品だったそうですが)。地味な小品ですが、予想以上に面白かったです。

345019_001
冒頭から主人公の女の子とそのおともだちがキャーキャー言って遊んでいる、その感じが素晴らしいです。いいなあ、小さな女の子のキャーキャー。 でもこの子、実はすんごい強情っぱりで、「このまま大きくなったらどうなっちゃうんだろう?」と心配になってしまったぐらいなんですけどね。

345019_004

クリスマス・シーズンを真夏のビーチサイドで迎えるような場面もありますけど、たぶん初めてお目にかかった気がします、南半球のクリスマス。映画っていろんなことを私たちに教えてくれますね。

345019_002

(ややネタバレあり)  クライマックスの大嵐(という試練)を経て、家族の絆が甦る・・・ってのは、ちょっと凡庸かもとも思いましたが、ま、そういうシンプルな佳品があってもいいですよね。あの男の人がちょっとかわいそうでしたけど。

それにしてもトイレからカエルが出たり、太い木の枝が落ちてきて家をつぶしたり、大嵐がきたり・・・、小生はオーストラリアには住めそうもありませんです。

|

« 「天使の分け前」:銀座テアトルシネマもうすぐ閉館 | トップページ | おすい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/51828092

この記事へのトラックバック一覧です: 「パパの木」:シンプルな佳品:

« 「天使の分け前」:銀座テアトルシネマもうすぐ閉館 | トップページ | おすい »