« きゃりーぱみゅぱみゅの「なんだこれくしょん」 | トップページ | 日本女子、ドイツに2-4 »

2013年6月29日 (土)

「イノセント・ガーデン」:精緻な映像世界

345422_001
あの傑作『オールド・ボーイ』のパク・チャヌクのハリウッド進出第1弾である『イノセント・ガーデン』は、いやー、見事な映像世界でした。

345422_002

全てのカットが隅々まで精緻に計算された色彩設計と映像設計。衣装や美術も含めて、ここまで完璧に映像をコントロールしている作品ってのも久しぶりですし、それをハリウッド1作目で成し遂げたパク・チャヌクは、やはり只者ではありません(まあカメラのチョン・ジョンフンだけは韓国から連れていったわけですが)。

345422_004
妖しいチャーリー叔父さんといえばヒッチコックの『疑惑の影』なのですが、本作はあの話とは違っていて、より現代的なサスペンスとなっています。そのあっと驚く「ひねり」が、たまりませんね。

345422_005

色彩的には白が、黒が、緑が、赤が、・・・神経症的に効いています。 そしてピアノ連弾シーンやシャワー・シーンの官能だとか、二コール・キッドマンの髪を梳くアップが野原の草にモーフィング的にディゾルヴしていく驚嘆すべきアイディアとか、もうパク・チャヌク最高です。

345422_003

それにしてもニコールは相変わらずお美しい。

ファースト・シーンにつながるラスト・シーンも美しく幻惑的。そしてエンドタイトルロールが、なんと上から下へと流れていきました! ありそうで無かったアイディアです。驚くべきパク・チャヌク映画。小生にとって、今後がますます楽しみな映像作家です。

|

« きゃりーぱみゅぱみゅの「なんだこれくしょん」 | トップページ | 日本女子、ドイツに2-4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/52234909

この記事へのトラックバック一覧です: 「イノセント・ガーデン」:精緻な映像世界:

» イノセント・ガーデン〜昆虫血族 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。原題:Stoker。リドリー・スコット、トニー・スコット製作、パク・チャヌク監督。ミア・ワシコウスカ、マシュー・グード、ニコール・キッドマン、ダーモット・マローニー ... [続きを読む]

受信: 2013年6月30日 (日) 00時53分

» 『イノセント・ガーデン』 少女は禁断のエクスタシーに目覚める! [コナのシネマ・ホリデー]
やばい、この作品は、ヤバい。18歳の少女が目覚めたのは禁断のエクスタシー。この目覚めは危険だ。だが、美しい!!ダークな話なのに美しい。そして計算されつくしてる。 [続きを読む]

受信: 2013年6月30日 (日) 16時36分

» イノセント・ガーデン [象のロケット]
少女インディアの18歳の誕生日、彼女の父は不審な死を遂げ、父からのプレゼントの箱には小さな鍵だけが入っていた。 父の葬儀の日、音信不通だった叔父チャーリーが現われ、しばらく屋敷に滞在することに。 あっという間に母の心を掴んだチャーリーに、インディアは妙な胸騒ぎを覚える。 その後、次々と奇妙な事件が起こり始めるのだが…。 ミステリー。 ≪18歳になった私に届いたのは、秘密の扉を開く鍵―≫... [続きを読む]

受信: 2013年6月30日 (日) 19時43分

» イノセント・ガーデン [だらだら無気力ブログ!]
ラストのくだり、個人的に好きだな。 [続きを読む]

受信: 2013年6月30日 (日) 20時40分

» ショートレビュー「イノセント・ガーデン・・・・・評価額1600円」 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
鏖殺の庭へ、ようこそ。 初のハリウッド映画にも、気負いなし。 怒涛のシャレードの嵐は、どこからどう観てもパク・チャヌク印の作家映画である。 西部劇マニアのキム・ジウンが、古き良き大西部にオマー...... [続きを読む]

受信: 2013年6月30日 (日) 21時25分

» イノセント・ガーデン /STOKER [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click ニコール・キッドマンにはスリラーがよく似合う。 「オールド・ボーイ」「親切なクムジャさん」など世界的に評価の高い韓国を代表する映画監督、 パク・チャヌクのハリウッド・デビュー作となるミステリ...... [続きを読む]

受信: 2013年7月 1日 (月) 01時10分

» 少女が目覚めるとき~『イノセント・ガーデン』 [真紅のthinkingdays]
 STOKER  広大な屋敷に住まう、鋭敏過ぎる感覚を持つ少女インディア(ミア・ワシコウス カ)は、18歳の誕生日に唯一人の理解者だった父を亡くす。葬儀の日、心の通 わない母(ニコ...... [続きを読む]

受信: 2013年7月 8日 (月) 15時58分

» 映画:イノセント・ガーデン Stoker 娘が覚醒する時(主人公もミア・ワシコウスカも?) [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
原題のストーカー Stoker と言うと「そっち系の映画ね」と勘違いしそうだったが、この映画の主人公の家の名前。 (という点で、久々に日本語タイトルの勝ち、という珍しいパターン 笑) オープニングで彼女は言う。 「自分には他人が持っていない能力がある」と。 彼...... [続きを読む]

受信: 2013年7月16日 (火) 01時46分

« きゃりーぱみゅぱみゅの「なんだこれくしょん」 | トップページ | 日本女子、ドイツに2-4 »