« 「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」:前作の勝ち | トップページ | 浅草寺のおみくじと花やしき »

2013年6月 8日 (土)

「ビル・カニンガム&ニューヨーク」:この道一筋

341712_001

映画『ビル・カニンガム&ニューヨーク』は、現在84歳(撮影時でも80歳は超えていたはず)になるニューヨーク在住のストリート・ファッション・フォトグラファーを追ったドキュメンタリー。半世紀以上にわたり、マンハッタンの街角で人々のファッションを撮り続けた「生きる伝説」の存在自体が圧倒的に凄くて、目を離せない面白さです。

341712_002

自転車に乗ってマンハッタンを駆け巡り、素早い身のこなしで道往く人々のファッションをとりまくるこのおじいいちゃんの若々しいこと! いつも着ている青いスモック風ジャケットが、パリの日用品百貨店で買った「パリの清掃員の制服」だってのにビックリ。「安くて実用的でカメラが当たって擦り切れてもいいから」着ているという理由にもビックリ。でもこのブルーのキレイなこと。さすがはパリですね。 それとしばしば着ているコットンパンツのシルエットと丈の絶妙さ!実に素敵な着こなしなんです。自分のファッションには無頓着だとはいえ、やっぱり流石なんです。

341712_003

それにしてもこのおじいちゃん、魅力的な人です。見ていて、愛さずにはいられないキャラクターです。終盤に職場の仲間が集まって、誕生日のサプライズでみんながビルのお面を着けて、青いジャケットでという場面があるのですが、いやー、愛されてますビル。ビルにまつわるあれこれの歌詞をつけた歌まで歌ってもらっちゃって・・・。

341712_007

ビルは生涯独身なのですが、別にゲイではないらしく、「ファッション写真の仕事が面白くて忙しくて、女性と付き合うような時間はなかった」みたいなことをおっしゃってました。我々はこういう人を他にも知っていますよね。そう、「映画と結婚した」淀川長治さんです(もっとも淀川さんはゲイだったようですが)。生涯のすべてをかけて、好きな道一筋・・・そういう人はやはり面白いし素晴らしいですよね。

341712_005

勲章をもらった時のパリでの授賞式では、流暢なフランス語を交えたスピーチ。うーん、ますますステキで幅の広い方です。 彼の言葉に「美を追い求める者は、必ずや美を見出す」というのがありました。その通りだと思います。逆もまた真で、美を見出そうとしない限り、どんな名作を見てもその輝きに気がつかないのだと思います。そういえば、淀川さんもどんなしょーも無い映画でも、その中に美を見出そうとしてましたよねえ。

|

« 「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」:前作の勝ち | トップページ | 浅草寺のおみくじと花やしき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/51965870

この記事へのトラックバック一覧です: 「ビル・カニンガム&ニューヨーク」:この道一筋:

» 「ビル・カニンガム&ニューヨーク」 [元・副会長のCinema Days]
 (原題:Bill Cunningham New York)人間の“器の大きさ”に対して、思い切ったアプローチを敢行している映画だと思った。またそれを可能にした作者の粘りと求心力にも感服する。  このドキュメンタリー映画が描く素材は、50年以上もニューヨーク・タイムズ紙のファ...... [続きを読む]

受信: 2013年6月 9日 (日) 08時18分

» 映画:ビル・カニンガム&ニューヨーク Bill Cunningham NEW YORK 究極に凄いニューヨーカーに痺れる。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
ファッション界では伝説のカメラマン、ビル・カニンガムを描いたドキュメンタリー。 なんたって映画の完成まで10年、最初の8年は本人との交渉だと! それも推して知るべし。 ビル・カニンガムは既に84才。 彼は、365日休み無く、NYのストリートで自分のアンテ...... [続きを読む]

受信: 2013年6月 9日 (日) 08時36分

« 「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」:前作の勝ち | トップページ | 浅草寺のおみくじと花やしき »