« 浅草寺のおみくじと花やしき | トップページ | 森永キャラメル黒と白と100周年 »

2013年6月10日 (月)

「アンチヴァイラル」:ビョーキとアート

345368_009

デイヴィッドの息子、ブランドン・クローネンバーグ初の長編『アンチヴァイラル』は、父親同様に体温の低い変態性に満ちています。

345368_002

主演のケイレブ・ランドリー・ジョーンズがまさにその世界を体現していて、肌全体に浮かぶソバカスともども心も体も「ビョーキ」そのものです。彼が幻想の中で「ひょっとこ」(としか言いようがないのですが)に変貌してしまうあたりは、この映画のビジュアル的(“クローネンバーグ”的)コアであります。

345368_007

題材やテイストがここまで父親似だと・・・って思うけど、そうは言っても個性ってのは消せないもので、クローネンバーグJr.の方がよりクールに21世紀的な印象。対するシニアの方は、やはり20世紀が薫ります(アップ・トゥ・デイトな意匠の『コズモポリス』においてさえ)。

345368_010

そして子クローネンバーグの方が、明らかにアート寄りに思えます。写真のブレて歪んだ顔は、モロにフランシス・ベーコン。枕についた血が、抽象画に見えます。白い床に血を吐いてその上をのたうちまわる様は、アクション・ペインティング。ラストの奇妙な物体も、まさに現代美術の一典型ですよね。

345368_014

しかしながら抑制が効きすぎて、今一つ面白くなり切れなかったことも事実。 いずれにせよ2作目で点が線になり、3作目で面になった時の、この映像作家の全貌を括目して待つとしましょう。

|

« 浅草寺のおみくじと花やしき | トップページ | 森永キャラメル黒と白と100周年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/51990841

この記事へのトラックバック一覧です: 「アンチヴァイラル」:ビョーキとアート:

» アンチヴァイラル  監督/ブランドン・クローネンバーグ [西京極 紫の館]
【出演】  ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ  サラ・ガドン  マルコム・マクダウェル 【ストーリー】 著名人本人から採取された病気のウイルスが商品として取引され、それをマニアが購入しては体内に注射する近未来。注射技師シドは、持ち出した希少なウイルスを闇市...... [続きを読む]

受信: 2013年6月10日 (月) 23時30分

» アンチヴァイラル /ANTIVIRAL [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click 近未来。セレブ人気が加速し、彼らのウィルスが高値で売買される世の中。 父親の遺伝子を受け継いだ デヴィッド・クローネンバーグ監督の(二人目の奥さんの)息子、 ブランドン・クローネンバーグの初監...... [続きを読む]

受信: 2013年6月10日 (月) 23時34分

» アンチヴァイラル〜食べてしまいたいくらい好き [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。カナダ=アメリカ。原題:Antiviral(抗ウィルス剤)。ブランドン・クローネンバーグ監督、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、サラ・ガドン、マルコム・マクダウェル、ダグ ... [続きを読む]

受信: 2013年6月10日 (月) 23時47分

« 浅草寺のおみくじと花やしき | トップページ | 森永キャラメル黒と白と100周年 »