« 「恐怖と欲望」:封印を解いちゃった・・・ | トップページ | 「映画「立候補」」:オモシロ素敵なマック赤坂 »

2013年7月 4日 (木)

「コンプライアンス 服従の心理」:神経をすりつぶすような傑作

345383_005

映画『コンプライアンス 服従の心理』は意外なほどの傑作。90分の小品ながら、最初から最後までいやーな気持ちにさせてくれて、映画館の椅子に座り続けるのが苦痛なほど。卑劣さに対する怒りやら何やらで、もう胸が苦しくて・・・。これほどまでにエモーションに働きかける映画も他にはありません。観ていて、体の具合が悪くなっちゃいそうでした。

345383_001
これが実話に基づく映画だっていうことに戦慄し、暗澹たる気分になります。そしてこの映画、リアルな再現ということにおいて、実によく出来ています。脚本も、演出も、役者たちの演技も、見事にこの「嘘のような本当」の事件の映画化に生命を与えて、ぐぐぐいっと引き込みます。よくよく考えればヘンな話だったり、おかしな点が多いわけですが、ギリギリでそれを信じさせる詐欺のように精緻な映画作りのおかげで、一応の説得力を持って、突き進んでいくのです。

345383_002

(以下少々ネタバレあり)  それにしてもひどい話ですが、あの犯人は何が目的だったのでしょうか。何十件も罪を重ねていたようなので、たぶん愉快犯なんでしょうね。実際の罪状としてはそんなに重くないのかも知れませんが、この映画を観ていると死刑でも飽き足らないぐらいに思えてしまいます。そこがこの映画の凄さかも知れませんね。 一方でファストフード店の店長の立ち位置の興味深さ、これが更に映画を不快かつ深いものにしています。つまり誰もがこの店長になってしまったかも知れないというやりきれなさ。彼女にムカつきながらも、一方で彼女が自分のことを「被害者」だというのもあながち間違いではないかもと思ってしまうのです。

345383_008

精緻にしてこれだけインパクトの強い作品を作り上げた新進のクレイグ・ゾベル監督には注目しておきたいと思います。

|

« 「恐怖と欲望」:封印を解いちゃった・・・ | トップページ | 「映画「立候補」」:オモシロ素敵なマック赤坂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/52314034

この記事へのトラックバック一覧です: 「コンプライアンス 服従の心理」:神経をすりつぶすような傑作:

» 【13-070】コンプライアンス 服従の心理 ★★★★☆ [燃える映画軍団【ブログ編】]
今週は福山人気に負けて舞台挨拶はありません。(他の映画も福山待ちだったので購入しませんでした) なので、まったりと(?)コンプライアンス 服従の心理を鑑賞。 トラブル続きの金曜日の朝、アメリカのファストフード店店長サンドラ(アン・ダウド)は仕事でてんてこ舞いしていた。そこへダニエルズ警察官(パット・ヒーリー)と名乗る男性から電話が入り、店員のベッキー(ドリーマ・ウォーカー)に窃盗容疑が掛かっていると告げる。サンドラは彼の指示に従い、ベッキーの身体検査をすることになり……。 実際に起こっ... [続きを読む]

受信: 2013年7月 4日 (木) 23時18分

« 「恐怖と欲望」:封印を解いちゃった・・・ | トップページ | 「映画「立候補」」:オモシロ素敵なマック赤坂 »