« 上半期は邦画洋画ともに豊作 | トップページ | 「嘆きのピエタ」:驚愕のラスト »

2013年7月 7日 (日)

アナーキー・イン・高円寺

Photo

高円寺駅そばの路上で違和感のある物体を発見。

近づいてみると、・・・??!!

動物?? いや、人間の髪の毛だと思われるものでした。

Photo_2

うーむ、こわいっす。 不気味っす。髪に怨念がまとわりついているかのようで・・・。 しばらく前まで貞子がここにいたのかしらん? そういえば斎場もそばにあるし。それとも現代美術ですか?

暑い暑い夏の日の白日夢のようにアナーキーな光景でした。 

|

« 上半期は邦画洋画ともに豊作 | トップページ | 「嘆きのピエタ」:驚愕のラスト »

コメント

カジイモトジロー!

投稿: risi@いけばな | 2013年7月 8日 (月) 07時30分

え? 梶井基次郎? 檸檬? 桜の下には死体が埋まってる? すんません、浅学にしてよくわかりませんです。

投稿: 大江戸時夫 | 2013年7月 8日 (月) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/52353621

この記事へのトラックバック一覧です: アナーキー・イン・高円寺:

« 上半期は邦画洋画ともに豊作 | トップページ | 「嘆きのピエタ」:驚愕のラスト »