« アナーキー・イン・高円寺 | トップページ | 今日の点取占い211 »

2013年7月 8日 (月)

「嘆きのピエタ」:驚愕のラスト

343981_001

映画『嘆きのピエタ』は、心の病から隠遁生活に入り、『アリラン』を経て復活したキム・ギドク監督作品。寡黙さ、不可解さ、悪い男、暴力、痛さ、絶望、キリスト教・・・と、あのキム・ギドクらしさが還ってきました。

343981_005
キム・ギドクの世界は常に「寓話」の世界。リアルではなくても、象徴性のパズルとして物語が進んでいきます。そんな中にリアルな暴力と痛みが差し込まれ、絶望の果てに聖なるものが見え隠れするのです。

343981_004

母親と名乗るこの女は誰? いったい何のために?という真っ当なミステリーを軸にして、ギドク作品にしては異例なほど真っ当に展開していきます。高利貸しの取り立て屋という社会性も含めて、非常に真っ当な「見易さ」に貫かれています。

343981_007

(以下完全ネタバレ)  しかし、この映画はやはり驚愕のラストに尽きます。絶望と贖罪により、主人公が企てる自殺=自動車に引きずられ続けること、よって車の後ろには延々と人間の幅の赤い線が引かれていくという、鈍い悪夢のような描写。これぞキム・ギドク! 残酷で聖なる寓話性。 そしてこれで思い出したのが大昔読んだ「チョーク」という伊丹十三の小片。(確か伊丹本人がバイクに乗っていて、という設定だと思いましたが)その大きく重いオートバイが猛スピードで転倒し、車体と道路だかガードレールだかに挟まれたライダーがそのままチョークのように擦り減っていって、最後にはなくなってしまうという一文。うーん、まさにこれだよなあ・・・。

ところで先ほどギドクの誤変換で「偽毒」と出てきた時には唸りましたね。うーむ、深い。

|

« アナーキー・イン・高円寺 | トップページ | 今日の点取占い211 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/52340844

この記事へのトラックバック一覧です: 「嘆きのピエタ」:驚愕のラスト:

» 嘆きのピエタ〜キリスト磔刑のパロディ [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。韓国映画。英題:Pieta。キム・ギドク監督、チョ・ミンス、イ・ジョンジン、ウ・ギホン、カン・ウンジン、チョ・ジェリョン、イ・ミョンジャ、ホ・ジュンソク。原題のピ ... [続きを読む]

受信: 2013年7月 8日 (月) 23時12分

» 嘆きのピエタ [ダイターンクラッシュ!!]
2013年7月1日(月) 14:35~ 109シネマズ川崎9 料金:1000円(映画サービスデー) パンフレット:未確認 この絵が映画の全てを語る。愛の物語である。 『嘆きのピエタ』公式サイト 現存する映画監督の中で、世界で一番奇天烈な作家キム・ギドク。 その強烈なインパクトは、今回も炸裂。 酷いバイオレンスありの、正しい韓国映画。 そして、キム・ギドクらしい、救われたような見捨てられたような、嫌な気持ち。 ネタバレになるかもしれないが、変態映画「私が、生きる肌」を思い出した。かなり違う... [続きを読む]

受信: 2013年7月 9日 (火) 23時44分

» 嘆きのピエタ [象のロケット]
韓国・ソウル・清渓川沿いのさびれた町工場街。 30歳の男イ・ガンドは、債務者に重傷を負わせ、保険金で利子が10倍に膨らんだ借金を返済させるという、血も涙もない借金取り立て屋だった。 そんなガンドの前に、自分がガンドを産んですぐ捨てた母親だと名乗る謎の女が現われ、部屋に居ついてしまう。 最初は邪険にしていたものの、母親と暮らす喜びを感じ始めるガンドだったが…。 サスペンス。... [続きを読む]

受信: 2013年7月10日 (水) 00時36分

» 母の懐~『嘆きのピエタ』 [真紅のthinkingdays]
 PIETA  町工場経営者からの借金取り立てを生業とするイ・ガンド(イ・ジョンジン)は、 天涯孤独な青年。30年間独りで生きてきた彼のもとに、ある日突然 「母」 を 名乗る女(チョ・...... [続きを読む]

受信: 2013年7月13日 (土) 21時29分

« アナーキー・イン・高円寺 | トップページ | 今日の点取占い211 »