« 日本女子、ドイツに2-4 | トップページ | どんちゃかどんちゃか♪ »

2013年7月 1日 (月)

「華麗なるギャツビー」:豪華絢爛な眼福映像

343085_016

映画『華麗なるギャツビー』は期待通り、いやそれ以上の素晴らしさ。3Dで観たのですが、その効果も映像の狂騒状態に拍車をかけるようで、いやー豪華絢爛なスペクタクルでした。

343085_001_3

なにしろバズ・ラーマンのケレンを堪能するつもりで観たのですが、前半のパーティー・シークェンスなどには彼らしい映像の乱痴気騒ぎが観られはするものの、全体的にはむしろラーマンらしさを抑えた堂々たる作り。フィッツジェラルド原作に敬意を表しながら、クォリティの高い映画に仕上げました。大江戸としては’74年のロバート・レッドフォード&ミア・ファロー版(ジャック・クレイトン監督)よりもこちらを上位に置くことにためらいはありません。

343085_013_3

メインタイトルで擬古体的モノクロから黒と金のアールデコに変わっていく凝りようと美しさ。とにかく映像・色彩のコントロールと、細部までの美術、衣装のゴージャス感、一流感のめくるめく奔流。時代再現のみならず、プラダやティファニー、ブルックスブラザーズの醸すファッションの絢爛と現代性。ヒップホップまで動員して表現するローリング20'sの狂騒と爛熟(ちなみに“Rolling”ではなく“Roaring”=うなりを上げる、とどろく ですよ)。そんな中に最終的には「祭りの後の寂しさ」や「諸行無常」の喪失感を滲ませていった本作はやはり見事な映画化と言えるでしょう。 パーティーで夜空に花火が上がって、音楽は『ラプソディ・イン・ブルー』のあのあたりを使うなんてのは、ウディ・アレン『マンハッタン』へのオマージュだったりするのでしょうか?

343085_004

原作でも印象的だったプラザ・ホテルの一室における当時の真夏の再現=冷房が無いので、氷で涼を取る。しかしながらメンズの装いはタイドアップの3ピース・スーツ!真夏なのに、みんなベスト(“waistcoat”って言います)です。「クールビズ」なんて品位の無いものは、かけらもありませんね。ここでの男たちの顔にうっすら脂汗がにじんで上気してるあたりのリアルな描写も見事だなあ。

343085_012

ギャツビーがデイジーとの思い出の数々を後生大切に完全保管しているあたりの意地らしさも、実に男のロマンティシズムですね。彼がデイジーとの再開で、少年のようにドギマギしてしまうあたりを、レオナルド・ディカプリオは意外なほど説得力たっぷりに演じます。最近のでっぷりと憎々しい悪人レオとは違って、バズ・ラーマンとの『ロミジュリ』のレオをちょっぴり引っ張り出してきたようで、健闘していました。胡散臭さも含めて、レッドフォードよりも「ギャツビーらしい」と言えるような気がします。 キャリー・マリガンもミア・ファローよりも可愛らしくて世間知らずで、デイジーっぽかったし、トム・ブキャナン役のジョエル・エドガートンは日本の配役なら絶対岸谷五朗だろうなあ。

343085_006

「ロマンティシズムと喪失感」という原作のテーマがきちんと打ち出されていた点も、やるじゃないかバズ・ラーマンって感じでしたし、とにかく華麗なる映像が終始「眼福」なのでありました。

 

|

« 日本女子、ドイツに2-4 | トップページ | どんちゃかどんちゃか♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/52251481

この記事へのトラックバック一覧です: 「華麗なるギャツビー」:豪華絢爛な眼福映像:

» 『華麗なるギャツビー』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「華麗なるギャツビー」 □監督 バズ・ラーマン□脚本 バズ・ラーマン、クレイグ・ピアース□原作 F・スコット・フィッツジェラルド□キャスト レオナルド・ディカプリオ、トビー・マグワイア、キャリー・マリガン、        ジョエ...... [続きを読む]

受信: 2013年7月 1日 (月) 22時49分

» 華麗なるギャツビー(2013) [佐藤秀の徒然幻視録]
広告看板が主役の物語 公式サイト。F・スコット・フィッツジェラルド原作、原題:The Great Gatsby。バズ・ラーマン監督、レオナルド・ディカプリオ、トビー・マグワイア、キャリー・マ ... [続きを読む]

受信: 2013年7月 1日 (月) 22時53分

» 華麗なるギャツビー・・・・・評価額1600円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
若きアメリカの青春と、その死。 F・スコット・フィッツジェラルドによる、アメリカ近代文学の不朽の名作「華麗なるギャツビー(グレート・ギャツビー)」の四度目の映画化である。 狂騒の20年代、ニューヨ...... [続きを読む]

受信: 2013年7月 2日 (火) 00時36分

» 華麗なるギャツビー [映画的・絵画的・音楽的]
 『華麗なるギャツビー』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)スコット・フィッツジェラルド(注1)が書いた小説『華麗なるギャツビー』を3Dで映画化した作品であり、それにディカプリオが出演していると聞いて、映画館に行ってきました。  本作は、向こう岸のイースト...... [続きを読む]

受信: 2013年7月 2日 (火) 04時56分

» 華麗なるギャツビー ★★★★ [パピとママ映画のblog]
数々の名作を世に送り出した作家F・スコット・フィッツジェラルドの「グレート・ギャツビー」を実写化したドラマ。快楽的な生活を送る謎の富豪ギャツビーの意外な正体を、ある女性との恋を絡めながら映す。レオナルド・ディカプリオが、人並み外れた容姿と富を兼ね備えた...... [続きを読む]

受信: 2013年7月 2日 (火) 20時03分

» 華麗なるギャツビー [象のロケット]
1922年、アメリカ・ニューヨーク。 証券会社に勤務する名家の青年ニック・キャラウェイの元に、隣人の大富豪ジェイ・ギャツビーからパーティの招待状が届く。 ギャツビーの宮殿のような豪邸には大勢の客がやって来て、夜ごと豪華絢爛なパーティが繰り広げられているが、誰一人、彼の正体を知る者はいなかった。 数日後、ニックの親戚で既に人妻であるデイジーと、ギャツビーが知り合いであることが分かるのだが…。 ラブ・ロマンス。... [続きを読む]

受信: 2013年7月 5日 (金) 13時35分

» 「華麗なるギャツビー(2013)」 女は今を生き、男は過去に生きる [はらやんの映画徒然草]
1974年版は未見ですので、ストーリーは全く知らずに観ました。 舞台となるのは1 [続きを読む]

受信: 2013年7月 5日 (金) 22時55分

« 日本女子、ドイツに2-4 | トップページ | どんちゃかどんちゃか♪ »