« 東アジア杯、男子は優勝でホッ | トップページ | 「野いちご」:人生がここにある »

2013年7月29日 (月)

「ペーパーボーイ 真夏の引力」:映画の文法を破壊するヘンすぎ怪作

345292_001

映画『ペーパーボーイ 真夏の引力』は、その軽めの青春映画みたいなタイトルとは真逆のドロドロとヘヴィーな怪作(原題は“The Paperboy”=新聞少年ですぜ。朝刊太郎←古っ! みたいなもんか?)。とにかくポスターあたりの意匠から想像される作品の内容と実際の作品のギャップが、映画史上でも最大級の作品だと思います。

345292_006

青春コメディー? 本格ミステリー? 兄弟愛のドラマ? ひと夏の体験もの? サイコスリラー? 変態もの? 社会派ドラマ? ホラー? ・・・と、観る者にジャンルを特定させません。 観ている方としては、いったいどういう話なのか?この先どのように展開していくのか?どういう落とし所に収斂していくのか?が、まったく読めず、非常に居心地が悪いというか、気が狂いそうです。いろんなトーンを蛇行しながら、真面目なのか軽いお遊びなのか判然としないまま進行していきます。 これまで6千数百本もの映画を観ている大江戸ですが、ここまで「先が読めない」不安を感じる作品ってのは、かつて無かったように思います。 しかも描写やカットのつなぎ、シーンのつなぎも微妙にヘンで、ことごとく映画のセオリー、映画の文法を外していきます(エド・ウッドなのか?)。

345292_004

だいたいザック・エフロン、マシュー・マコノヒー、二コール・キッドマン、ジョン・キューザックってキャスティング自体、微妙に座りが悪い。しかも二コールはとんでもなくケバい年増ビッチの役で怪演しまくってるし(まあ、マコノヒーもキューザックも怪演の領域ですけど)。彼女が、毒クラゲに刺されたザックを救うためにその場でオシッコをかける権利をめぐって、若い女の子たちと争って勝つ場面なんて、ほとんどシュールに狂ってますもん。

345292_007

終盤ハードになっていく展開の果てに、「こういう映画だったんですか、これ?」的な、何とも言えないエンディングを迎えます。滅法陰鬱で気分の悪い結末なのに、笑いたくなってしまうようなヘンさかげん。リー・ダニエルズ監督って、どう考えてもヘンタイです。そしてエンドロールにかぶせて、ミシェル・ルグラン風の哀切な音楽が朗々と響き渡ります。なんだこりゃー!ヘンすぎるぞー!

|

« 東アジア杯、男子は優勝でホッ | トップページ | 「野いちご」:人生がここにある »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/52660597

この記事へのトラックバック一覧です: 「ペーパーボーイ 真夏の引力」:映画の文法を破壊するヘンすぎ怪作:

» ペーパーボーイ 真夏の引力 [佐藤秀の徒然幻視録]
白人たちの長い暑い夏 公式サイト。原題:The Paperboy。ピート・デクスター原作、リー・ダニエルズ監督。ザック・エフロン、ニコール・キッドマン、マシュー・マコノヒー、ジョン・キ ... [続きを読む]

受信: 2013年7月29日 (月) 23時45分

» ペーパーボーイ/THE PAPERBOY [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click トロント映画祭観客賞ほか、数々の映画賞を席巻した「プレシャス」の監督、リー・ダニエルズが、 ピート・デクスターのベストセラー小説を映画化したクライム・サスペンス。 海外版ポスターでみてから、ジャ...... [続きを読む]

受信: 2013年7月30日 (火) 01時20分

» 映画:ペーパーボーイ 真夏の引力 The Paperboy 腐臭がねっとりとこびりつく、ってもしかして凄いかも [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
1969年。場所はフロリダ州モート郡の田舎町。 そこで一癖も二癖もある面々が集合する。 殺人事件の死刑囚に冤罪の可能性があるとしてべく、新聞記者2人(マシュー・マコノヒー、デヴィッド・オイェロウォ)が街に来る。 ここに姿を現す取材の依頼主で、まわりを圧倒...... [続きを読む]

受信: 2013年7月30日 (火) 02時00分

» ペーパーボーイ 真夏の引力 ★★★.5 [パピとママ映画のblog]
数々の映画賞を席巻した『プレシャス』のリー・ダニエルズ監督が、ピート・デクスターのベストセラー小説を映画化したクライム・サスペンス。ある殺人事件を調査する兄弟が、事件の真相をめぐる複雑な人間関係に巻き込まれていく。主演は、『ハイスクール・ミュージカル』...... [続きを読む]

受信: 2013年7月30日 (火) 13時46分

» ペーパーボーイ 真夏の引力 [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★★【4点】(10) 予測不能という言いかたがもっとも似合う映画。 [続きを読む]

受信: 2013年7月30日 (火) 19時20分

» 『ペーパーボーイ 真夏の引力』 過剰な風土 [Days of Books, Films ]
The Paperboy(film review) マイアミの市街地から西へ車で [続きを読む]

受信: 2013年8月 8日 (木) 13時36分

» 「ペーパーボーイ 真夏の引力」 [或る日の出来事]
なんたって、ニコールにブッタマゲタ! [続きを読む]

受信: 2013年8月13日 (火) 07時03分

» ペーパーボーイ 真夏の引力 [to Heart]
覗いてはいけない、禁断の闇 原題 THE PAPERBOY 原作 ピート・デクスター 製作年度 2012年 上映時間 107分 映倫 R15+ 脚本 ピート・デクスター 、リー・ダニエルズ 監督 リー・ダニエルズ 出演 ザック・エフロン/ニコール・キッドマン/マシュー・マコノヒー/ジョン・キ...... [続きを読む]

受信: 2013年8月14日 (水) 21時10分

» ペーパーボーイ [映画的・絵画的・音楽的]
 『ペーパーボーイ―真夏の引力』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)印象的だった『プレシャス』の監督リー・ダニエルズの作品でもあり、ニコール・キッドマンが出演するというので、映画館に出かけてみました。  本作の舞台は1969年のフロリダ。ジャンセン家でメイドだっ...... [続きを読む]

受信: 2013年8月21日 (水) 05時49分

« 東アジア杯、男子は優勝でホッ | トップページ | 「野いちご」:人生がここにある »