« マリノスvs.マンU戦と闘莉王の解説 | トップページ | 渋谷のブリッジ消えちゃった »

2013年7月23日 (火)

「終戦のエンペラー」:グレーの国ニッポン

344808_001

映画『終戦のエンペラー』を試写会で観ました。あの奈良橋陽子さんがプロデュースとキャスティングをやっているのですが、なんと彼女は本作に登場する関谷宮内次官のお孫さんなんだそうです。驚きですね。しかも関谷を演じているのが、今年亡くなった夏八木勲さん。味わい深い名演が見られます。

344808_005

他の日本人俳優も実に達者な芝居を見せると共に、英語もそれぞれ役の特色を出しながら健闘しています。英語の発音や巧さやしゃべり方に、きちんとキャラクターが反映されているのです。

東條英機を演じた火野正平が、台詞もなく登場場面もわずかなのに、凄い存在感。黙したままでの顔の角度ひとつ、目の表情ひとつで場をさらいます。ああ、今の火野正平にハンニバル・レクターみたいな役をやらせてみたい!

344808_004

本作は、皇居におけるいくつかのシーン以外はすべてニュージーランドにセットを設えて撮影したのだとか。その割には見事にあの時代の日本として違和感がなかったし(あの時代から生きていたわけじゃないけど)、日本家屋や調度品、庭園から衣装までの考証もしっかりしていたと思います。ここらも奈良橋さんの功績なのでしょうか。

344808_008
日本人が観れば、フィクションとノンフィクションのはざまを描く歴史ドラマとして、まずまず面白いと思う人が多いのではないでしょうか。ただ一方では、やけに「日本びいき」な印象もあり、軍部を「狂信的」と糾弾しながらも「天皇の責任」に関しては、まあこういう描き方をせざるを得ないのかも知れませんね。クライマックスのヒロヒトに対して、ある種の感銘を覚えることも事実だったのですが、全体的には面映ゆくもあり微妙なところです。

一番印象に残ったのは、「この国(日本)では白と黒とがハッキリしない。あるのはグレーばかりだ。」みたいなナレーション。そう、日本ってそういう国なんです。それがいいとか悪いとかじゃなくて。海外の観客には、そこのところを一番わかってもらいたいなあと思いました。

|

« マリノスvs.マンU戦と闘莉王の解説 | トップページ | 渋谷のブリッジ消えちゃった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/52578483

この記事へのトラックバック一覧です: 「終戦のエンペラー」:グレーの国ニッポン:

» 終戦のエンペラー [とりあえず、コメントです]
岡本嗣郎著のノンフィクション『終戦のエンペラー 陛下をお救いなさいまし』をもとに ハリウッドで映画化した歴史ドラマです。 トミー・リー・ジョーンズがマッカーサーを演じると聞いて気になっていました。 日米の豪華な出演者たちの熱演と共に、主人公の視線で丁寧に描かれた日本の姿に 様々な想いを巡らせるような物語でした。 ... [続きを読む]

受信: 2013年7月25日 (木) 00時20分

» 終戦のエンペラー / Emperor [勝手に映画評]
毎年8月頃になるとこの手の戦争ものが出てきますが、こう言う視点での話は初めてではないでしょうか。実語を下にしたフィクションです。 “アヤ”と言うのは架空の人物ですが、河井道と言う女性と一色ゆりと言う女性をモデルにしているようです。フェラーズが大学で会った...... [続きを読む]

受信: 2013年7月27日 (土) 17時03分

» 【終戦のエンペラー】無私の民、日本人 [映画@見取り八段]
終戦のエンペラー~ EMPEROR ~    監督: ピーター・ウェーバー    出演: マシュー・フォックス、トミー・リー・ジョーンズ、西田敏行、初音映莉子、桃井かおり、伊武雅刀、羽田昌義、火野正平、中村雅俊、夏八木勲、片岡孝太郎 公開: 2013年7月27日 2013年7月3…... [続きを読む]

受信: 2013年8月 4日 (日) 13時44分

» 映画「終戦のエンペラー」 [FREE TIME]
映画「終戦のエンペラー」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2013年8月 4日 (日) 19時49分

» 終戦のエンペラー [映画的・絵画的・音楽的]
 『終戦のエンペラー』を渋谷のシネパレスで見ました。 (1)戦前のことを取り上げたアニメ『風立ちぬ』を見たことでもあり、また出演する俳優の顔ぶれもなかなかなので、映画館に足を運びました。  本作は、マッカーサー元帥(トミー・リー・ジョーンズ)らを乗せた米...... [続きを読む]

受信: 2013年8月 6日 (火) 21時09分

» [映画『終戦のエンペラー』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆不思議な映画であった。  日本人にとっては拘りどころの、先の大戦における天皇陛下の存在の意義だが、果たして、この作品を作ったアメリカ人にとって、如何ほどの興味があるのか、と言う問題がある。  そんなにも興味があるとは思えなかった。  日本人の民族的な...... [続きを読む]

受信: 2013年8月 7日 (水) 00時08分

» 映画「終戦のエンペラー」これこそ、邦画で見たかった [soramove]
映画「終戦のエンペラー」★★★☆ マシュー・フォックス、トミー・リー・ジョーンズ 西田敏行、初音映莉子、桃井かおり 伊武雅刀、羽田昌義、火野正平 中村雅俊、夏八木勲出演 ピーター・ウェーバー監督、 107分、2013年7月27日より全国公開 2013.アメリカ、松竹 (原題/原作:陛下をお救いなさいまし 河井道とボナー・フェラーズ/岡本嗣郎著 ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映... [続きを読む]

受信: 2013年8月 8日 (木) 07時12分

» 終戦のエンペラー 象徴天皇となった一つの要因がよく理解できた [労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜]
【=39 うち今年の試写会5】 岡本嗣郎著「陛下をお救いなさいまし 河井道とボナー・フェラーズ」を原作として、アメリカで作られた作品(邦画ではないのだ、てことは映画館で気付いた)  1945年8月15日、日本はポツダム宣言を受諾し、第二次世界大戦が終結する。その直...... [続きを読む]

受信: 2013年8月13日 (火) 10時56分

» 『終戦のエンペラー』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「終戦のエンペラー」 □監督 ピーター・ウェーバー□脚本 ベラ・ブラシ□原作 岡本嗣郎□キャスト マシュー・フォックス、トミー・リー・ジョーンズ、初音映莉子、西田敏行、       片岡孝太郎、中村雅俊、夏八木勲、桃井かおり ...... [続きを読む]

受信: 2013年8月15日 (木) 09時24分

« マリノスvs.マンU戦と闘莉王の解説 | トップページ | 渋谷のブリッジ消えちゃった »