« 「シャニダールの花」:花の狂気をもっと | トップページ | 日本2-4ウルグアイ:収穫と課題 »

2013年8月13日 (火)

セブンイレブンの名作「塩むすび」

Dsc_2923

セブンイレブンの「塩むすび」(100円)って、ほんとにおいしいんですよねー。ごはんのおいしさが最大限に引き出されているのです。炊きぐあい、おむすびとして適度な密度と食感、お米のツヤ、豊かな香り。「赤穂の焼あらじお使用」ってことで、塩加減も薄めに丁度よく、ごはんをひたすら引きたてています。

Dsc_2924

おかずや汁ものに合わせてもおいしいですけど、とにかく「そのまま」「それだけ」がシンプルにうまい。ごはんというもののポテンシャルを最大限に表現し得ているのです。他のコンビニの類似商品も食べてみましたが、セブンのこいつの圧勝です。

「日本の魂」と呼びたいくらいの名作だと思います。

|

« 「シャニダールの花」:花の狂気をもっと | トップページ | 日本2-4ウルグアイ:収穫と課題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/52870651

この記事へのトラックバック一覧です: セブンイレブンの名作「塩むすび」:

« 「シャニダールの花」:花の狂気をもっと | トップページ | 日本2-4ウルグアイ:収穫と課題 »