« 天野祐吉さん逝去 | トップページ | 最近見たへんなもの »

2013年10月22日 (火)

「おしん」:現代的な軽さで、響かず

345923_001

映画『おしん』は、なぜ今?というのが疑問の企画ですが、冨樫森監督がまずはそつない映画作り。でも、ちょっと軽すぎないかなー?

345923_003

いくら少女時代に物語を絞ったとは言え、2時間9分の映画にまとめるわけですから、一つ一つのエピソードがかなり表層的で、ダイジェスト版みたい。よって、心に響いてきません。いじめの描写もかなりあっさりしているし。この「軽さ」と「暗さの無さ」がやはり「現代」ってものなんでしょうかねえ。

345923_008

役者たちの演技も響きません。おしん役の濱田ここねちゃん自身、熱演だけどいかにも「演じている」感が出てますし、上戸彩も稲垣吾郎もテレビサイズの大根めし、いや大根芝居です。TV版と役柄の違う泉ピン子だけは、貫禄の芝居でなかなか結構でした。

てなわけで、予想に反してまったく泣けず、ベタな感動すら湧きませんでした。かと言って、「平成版」として新たな視点で描いたわけでもなく、いったい何のために作った作品なのかがよくわかりません。「海外セールス」用なのでしょうかねえ。345923_009

|

« 天野祐吉さん逝去 | トップページ | 最近見たへんなもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/53690363

この記事へのトラックバック一覧です: 「おしん」:現代的な軽さで、響かず:

» おしん [象のロケット]
明治40年(1907年)、山形県最上川上流の寒村。 貧乏な小作農家に生まれた少女おしんは、大所帯の一家の口減らしのため、7歳で川下の材木店へ1年間の年季奉公に出されることに。 早朝から夜遅くまで、ろくな食事も与えられず働き詰めの毎日を耐えていたおしんだったが、ある日、盗みの疑いをかけられてしまう…。 大ヒット国民的人気TVドラマ劇場版。... [続きを読む]

受信: 2013年10月23日 (水) 11時55分

» おしん・・・・・評価額1650円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
日本の、素晴らしき女たちよ! 1983年から1984年にかけて放送され、平均視聴率52.6%の大記録を打ち立てたほか、世界68カ国で放送され人気を博した伝説の朝ドラ、「おしん」の30年ぶりのリメイク映画化。 明治40年の東北を舞台に、小作農の娘おしんが、ひたむきに家族を想い、過酷な奉公生活や厳しい自然環境に耐え、成長する姿を描いている。 オリジナルで小林綾子が演じた谷村しん役を、映...... [続きを読む]

受信: 2013年10月24日 (木) 16時08分

» 「おしん」 今、なぜ映画化か? [はらやんの映画徒然草]
今年は「あまちゃん」ブームということですが、かつてこれ以上に一大ムーブメントとな [続きを読む]

受信: 2013年10月25日 (金) 20時54分

» [映画まとめて語り『キャリー(2013)』『おしん(2013)』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
      ☆・・・どちらも面白くて、どちらも、母と子の関係がポイントで、作中の時間経過に違いはあるが、過酷な生活の中で、近い年齢でセレブの理解者が出来たりする話である。  『おしん』の方は、  貧しい寒村で、まだ7歳なのに、過酷な奉公に出される少女の...... [続きを読む]

受信: 2013年11月 8日 (金) 16時18分

« 天野祐吉さん逝去 | トップページ | 最近見たへんなもの »