« 今日の点取占い216 | トップページ | 「R100」:崩壊する後半(言い訳つき) »

2013年10月 4日 (金)

「共喰い」:昭和的・荒井晴彦的

344802_001

映画『共喰い』は、原作未読ながら、昭和の終わりという時代を舞台に、昭和らしい物語が展開されます。そして、それ以上に脚本の「荒井晴彦」らしさが全面的に出ている作品でした。

344802_006

荒井晴彦といえば、日本映画の日本映画らしさを今も体現しているライターで、いわば「テレビ局主導映画の対極にある人」です。脚本を読んでいなくても、その行間から立ち上る映画らしさ、映画ならではの味、そして作りものではない本物の人間が感じられるホンなのだと思います。こういうホンを書く人って、いなくなりましたねえ。ま、天皇の戦争責任云々の部分(創作なのだとか)は、ちょっとやり過ぎだと思いますが・・・。

344802_007
そして青山監督の演出がたっぷり昭和的で、このやるせない閉塞感みたいな空気がいくばくかの狂気をはらんでいる様子などは、まさに'70年代の日本映画チック。田中裕子の義手やゴム手袋の撮りなども、実にそうですね。久々に映画の中のああいう感覚を体験しました。「コク」のある描写とでも申しましょうか。まあ、そうは言っても青山真治監督なので、あっさりとしていると言いますか、まとわりつくような暗さや情念は希薄なんですよね、よくも悪くも。

344802_004

田中裕子の凄さは今さら言うまでもないでしょう。光石研は、あと一歩のような気が・・・。 そして主人公の幼馴染役の木下美咲が、かなり良いです。しっかりした昭和っぽい存在感。弱さと強さ、イノセンスとしたたかさを同時に表現できる逸材だと感じました。

最後のいくつかのシーンは映画のオリジナル(原作にない創作部分)なのだそうですが、うーん、やっぱり荒井晴彦だなあって感じでした。女性のしたたかな強さをはじめとして。

|

« 今日の点取占い216 | トップページ | 「R100」:崩壊する後半(言い訳つき) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/53492318

この記事へのトラックバック一覧です: 「共喰い」:昭和的・荒井晴彦的:

» 共喰い〜穢れと聖性 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。田中慎弥原作、青山真治監督。菅田将暉、木下美咲、篠原友希子、光石研、田中裕子。1988年。昭和が終わろうとしている時代の下関。父の円(まどか)(光石研)にしても、母 ... [続きを読む]

受信: 2013年10月 4日 (金) 23時22分

» 共喰い [映画的・絵画的・音楽的]
 『共喰い』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)本作は、田中慎弥氏の芥川賞受賞作の映画化であり、それも『東京公園』などの青山真治監督が手がけた作品だというので、映画館に行ってみました。  舞台は、山口県下関市の川辺という地域。  映画の冒頭で、下関行きのバ...... [続きを読む]

受信: 2013年10月 5日 (土) 05時34分

» 『共喰い』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「共喰い」□監督 青山真治 □脚本 荒井晴彦□原作 田中慎弥 □キャスト 菅田将暉、光石 研、田中裕子、木下美咲、篠原友希子■鑑賞日 9月8日(日)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想>  ...... [続きを読む]

受信: 2013年10月 5日 (土) 08時34分

« 今日の点取占い216 | トップページ | 「R100」:崩壊する後半(言い訳つき) »