« 「ランナウェイ 逃亡者」:人間は年をとるんだ | トップページ | 「ザ・ローリング・ストーンズ “スウィート・サマー・サン” ストーンズ・ライヴ・イン・ロンドン・ハイド・パーク2013」:最高の奇跡 »

2013年10月29日 (火)

セイントフォー復活かぁ

さっきYahoo!のトップに出ていてビックリしたのですが、セイントフォーが26年ぶりの復活ライブを行うんだそうです。11月3日に銀座で。メンバー(のべ5人)のうち岩間、濱田、鈴木の3人が集まるとのことで、つまり大江戸が一番好きなメガネっ子の板谷祐三子さんは出てこないのですね。しくしく。もう一人、グループ末期に加わった岩男さんはどうでもいいです。

やっぱり岩間沙織さんがスッキリ整っていてダントツかわいくて、あとは・・・ってのがこのグループ。でも好事家はメガネで愛嬌があってヘンテコリンな不思議ちゃんの祐三子ちゃんが好きだったと思うんですよね(小生のように)。 (年がバレるけど)レコードとかLDとかCDとか持ってるんですよねー、今も。

そういえば、『あまちゃん』にも'80年代の映像として、セイントフォー出てましたもんねえ。あの、膝と腿を使ったバック転の場面とか。 それにしてもメンバー全員40代後半!ほとんど「怖いもの見たさ」の世界ですね。

よくよく調べていくと、会場(すでに2回のチケットはソールドアウト)はケネディーハウス銀座という小さなライブハウスで、あの加瀬邦彦さんが経営している所のようです。加瀬さん、セイントフォーのデビュー曲『不思議TOKYOシンデレラ』の作曲者なんですよねー。

怪作だけど、一応感動すべき部分もあるデビュー映画『ザ・オーディション』もお勧めですが、彼女たちの躍動的なパフォーマンスを一応ユーチューブでどうぞ。↓

http://www.youtube.com/watch?v=1bq0SMA18Ag&list=RD21PbTqDmDJ0Qw

|

« 「ランナウェイ 逃亡者」:人間は年をとるんだ | トップページ | 「ザ・ローリング・ストーンズ “スウィート・サマー・サン” ストーンズ・ライヴ・イン・ロンドン・ハイド・パーク2013」:最高の奇跡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/53764209

この記事へのトラックバック一覧です: セイントフォー復活かぁ:

« 「ランナウェイ 逃亡者」:人間は年をとるんだ | トップページ | 「ザ・ローリング・ストーンズ “スウィート・サマー・サン” ストーンズ・ライヴ・イン・ロンドン・ハイド・パーク2013」:最高の奇跡 »