« 「キャリー」:クロエはあくまでもかわいいけど | トップページ | 日本代表、ベルギーに勝利で年内締め »

2013年11月18日 (月)

ポール・マッカートニー at 東京ドーム

Dsc_3313

東京ドームでのポール・マッカートニー『OUT THERE TOUR ジャパン』を見てきました! これまでも来日のたびに必ず行っておりますが、いよいよ71歳では「これが最後か?」感が強かったもので・・・。 NEWアルバム『NEW』もちゃんと予習して、行きました。

あまり知られていないと思いますが、大江戸はポールの大ファンでして、ビートルズ、ソロ、ウイングスのアルバムは全て持っています。今日は3塁側1階スタンドから。会社帰りのおじさんたちを中心に5万人の観客でいっぱいです。

いやー、ポール元気でした。前回来日時よりも若々しい印象。ステージ左右に設置された縦長ビジョンに映し出される細身のパンツ姿のポール。1曲ごとにベースやギターを取り替えたり、ピアノやキーボードを弾いたり、お得意の(?)日本語MCで盛り上げたりと、フレンドリーでエンタテイニングなのはいつも通り。 ミック・ジャガーほどに動き回りはしませんが、全31曲(でしたっけ?)を熱唱する姿は50歳程度にしか見えませんでした。 先日TVで、日本のアーティスト(誰だか忘れちゃった)が「ジョンの歌は歌えるけど、ポールのは無理。あの太い声質でシャウトする音圧は、真似できない」みたいなことを言ってましたが、そう、それがポールなんです。

バックバンドがまた、めっちゃうまいのです。世界最高峰のバック・ミュージシャンを揃えてるんだろうなあ、きっと。アレンジはビートルズの曲もウイングスやソロのナンバーも、割と原盤に忠実。原点帰りのようでした。

縦長ビジョンは映像的にも面白かったのですが、MCの時はポールの英語を追って5秒差ぐらいで日本語訳が出ておりました。へー、すごい。でも妙なタイミングで・・・。

『エイト・デイズ・ア・ウイーク』に始まり、『ヘイ・ジュード』で幕を閉じた後、アンコールは『デイ・トリッパー』『ハイ・ハイ・ハイ』『アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア』。そして2度目のアンコールで「福島に捧げる」とい言葉と共に歌われたのが『イエスタデイ』。これでしっとり終わるのかと思いきや、もう1曲ド派手な『ヘルター・スケルター』で締めました!すげーや! 『007死ぬのは奴らだ』の時に物凄い炎の演出がありましたが、よく消防関係をクリアできたものです。びっくりのスケール!

20分押しでスタートし、ちょうど10時に終わる2時間40分のステージ。これだけ元気なのだったら、ポールが最後に「また会おう!」と言っていた言葉は、かなえられるに違いありませんよね。

|

« 「キャリー」:クロエはあくまでもかわいいけど | トップページ | 日本代表、ベルギーに勝利で年内締め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/53985474

この記事へのトラックバック一覧です: ポール・マッカートニー at 東京ドーム:

« 「キャリー」:クロエはあくまでもかわいいけど | トップページ | 日本代表、ベルギーに勝利で年内締め »