« 「草乃しずかの世界展」@松屋銀座 | トップページ | 「武士の献立」:上戸彩が好演 »

2014年1月 7日 (火)

「47 RONIN」:謎の中華ジャパン

346791_001

映画『47 RONIN』って、いやー、ヘンなもの作りましたねえ。ほとんど『忠臣蔵』じゃなくっていいんじゃん、と思わざるを得ないし。RPGですか?!

346791_004

ツッコミ入れて笑い倒せるだけなら楽しくて結構なのですが、なんかこのニッポンが不思議の国すぎて・・・。とにかく衣装や髪形、セットや風景の全てにわたって、「それ、日本じゃないでしょ」の世界。かなり中国寄りの東洋圏ハイブリッドなビジュアルなので、終始違和感が押し寄せます。このデザインワークって、普通に日本の時代劇作るよりも却って面倒くさいのではないでしょうか? そもそも誰もちょんまげ結ってないし。

346791_002
キアヌ・リーヴスに存在感が与えられてなくって、・・・ご本人はこんなんで良かったんでしょうか。出番の長さもヒーローっぷりも、むしろ真田広之の勝ち。そもそもしゃべらなすぎて印象薄いし。 最後に竜と戦って倒すところは、ああ西洋のドラゴン・スレイヤーの伝統だねえと感じました。

346791_007
「浅野」忠信が吉良上野介を演じることの面白さは(日本人的には)ありますが、でもやっぱり田中泯が吉良で、浅野が浅野内匠頭ってイメージですよねえ。 それと、赤西仁(大石主税)も見せ場なし、印象薄ですね。出番からいってもエンドタイトルにおけるビリングからいっても、田中泯さんの方が上なのに、広告的には赤西フィーチャーでしたからね。

346791_005

柴崎コウはキレイだったけど、「お飾り」的扱い。それにしてもヘンな中国風キモノだなあ。ま、それは将軍・徳川綱吉もそうなのですが。綱吉役の人は、どうにもdignityが感じられない顔立ちで、そりゃないでしょってなキャスティングでありました。

そして・・・天狗、へんなのー。

大コケも当然ですよねー。誰か「日本人はこういうの見たがりません」って教えてあげる人、いなかったんでしょうかねえ。 正月映画なのに、いざ正月って時にほとんどやっていなくて、観るのに苦労するとは!

|

« 「草乃しずかの世界展」@松屋銀座 | トップページ | 「武士の献立」:上戸彩が好演 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/54504699

この記事へのトラックバック一覧です: 「47 RONIN」:謎の中華ジャパン:

» 47RONIN [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。カール・リンシュ監督、キアヌ・リーヴス、真田広之、浅野忠信、菊地凛子、柴咲コウ、赤西仁、田中泯、ケイリー=ヒロユキ・タガワ、羽田昌義、曽我部洋士、米本学仁、 ... [続きを読む]

受信: 2014年1月 7日 (火) 23時31分

» 47 RONIN [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【47 RONIN】 2013/12/06公開 アメリカ 121分監督:カール・リンシュ出演:キアヌ・リーヴス、真田広之、浅野忠信、菊地凛子、柴咲コウ、赤西仁、田中泯、ケイリー=ヒロユキ・タガワ 参戦せよ。 [Story]大石率いるサムライたちは、吉良とミステリアスな女ミヅキのたく...... [続きを読む]

受信: 2014年1月 8日 (水) 11時25分

» 47RONIN ★★★.5 [パピとママ映画のblog]
世界的スター、キアヌ・リーヴスを主演に迎え、歌舞伎や映画、ドラマなどで不動の人気を誇る「忠臣蔵」を大胆にアレンジしたアクションファンタジー。非業の死を遂げた主君の敵を討つべく集まった47人の浪士と異端の混血のサムライが協力し、数々の試練を乗り越え決死の戦...... [続きを読む]

受信: 2014年1月 8日 (水) 20時51分

» 47RONIN [はるみのひとり言]
試写会で観ました。3Dで観れるのは嬉しいんだけど吹替はちょっとな〜と思ってたんですが、今回は吹替えもご本人がやってらしたので違和感なく見れました。 ご本人が吹替されるって珍しいそうですね。キアヌはもちろん声優さんがやられてましたが。 役に入ってらっしゃっ...... [続きを読む]

受信: 2014年1月 9日 (木) 21時52分

» 47RONIN [象のロケット]
江戸時代の日本。 播州赤穂(現在の兵庫県の一部)に流れてきた異国の少年カイは、領主浅野内匠頭の温情で助けられ大きくなった。 しかし、赤穂藩を乗っ取りやがては天下を取ろうと目論む吉良上野介の罠にかかり、内匠頭は切腹を命じられ、赤穂は吉良の領地となってしまう。 奴隷にさせられたカイと、浪人となった家老・大石内蔵助ら家臣たちは、主君の仇討ちと、吉良との婚儀が迫った浅野家のミカ姫を救うため立ち上がる…。 忠臣蔵ファンタジー・アクション。... [続きを読む]

受信: 2014年1月10日 (金) 21時56分

» 「47RONIN」 ファンタジーだからって自分に言い聞かせて観た [はらやんの映画徒然草]
ついこの前に公開開始だと思っていたら、来週くらいから上映されない映画館も出てきて [続きを読む]

受信: 2014年1月11日 (土) 11時26分

« 「草乃しずかの世界展」@松屋銀座 | トップページ | 「武士の献立」:上戸彩が好演 »