« 「武士の献立」:上戸彩が好演 | トップページ | サントリー「角」のプレミアム »

2014年1月 9日 (木)

「キネマ旬報ベストテン」発表

「2013キネマ旬報ベストテン」が発表になりました。今年も「びっくり」と「まあそうだよね」が同居です。 ↓

http://www.kinenote.com/main/kinejun_best10/2013/award/index.aspx#japan

邦画は何と言っても『ペコロスの母に会いに行く』の1位にひっくり返りました。なんで?? 1位になるような作品じゃないでしょ。 なんだか森崎東を持ち上げ過ぎだと、いつも思うんですよねー。他の映画賞でも1位や大賞にまではしていないのに、なぜ『キネ旬』が? 大江戸なんか感想をブログに書くのもやめちゃいましたもん(小生は観た全作品を書いているわけではないのです)。 『舟を編む』と『凶悪』の2位、3位は順当。 ジブリ対決は4位が『かぐや姫の物語』、7位が『風立ちぬ』でしたか。まあ実験的なまでの独創性が評価されたんでしょうねえ。 なんで『東京家族』が入ってないの? まあ、そんなところでしょうか。

洋画1位の『愛、アムール』も、そこまで良かったかなあって感じ。2位『ゼロ・グラビティ』は納得(むしろ1位だと思いますが)。 3、4位の『ハンナ・アーレント』と『セデック・バレ』も感想を放棄したクチ。問題提起の強さが圧倒的ですが、映画としての魅力、完成度は高くないと思うのです。 そして、なんで『華麗なるギャツビー』落とすかなあ。

発表された(10本+次点1本)×2=22本のうち『三姉妹~雲南の子』だけは見落としましたねー。

いずれにしても大江戸のベストテン発表は、いつも通り1月下旬。もうしばらくお待ちください。

|

« 「武士の献立」:上戸彩が好演 | トップページ | サントリー「角」のプレミアム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/54552078

この記事へのトラックバック一覧です: 「キネマ旬報ベストテン」発表:

« 「武士の献立」:上戸彩が好演 | トップページ | サントリー「角」のプレミアム »