« イチゴを使ったお菓子だよ | トップページ | 「オンリー・ゴッド」:スタイリッシュ&バイオレント »

2014年2月 8日 (土)

「ザ・イースト」:米国版「土竜の唄」か?

T0011187p

映画『ザ・イースト』は、なぜか「ジ」ではなく「ザ」なのですね。なんでEastなんでしょか? やっぱり“The east of Eden”から取っているのでしょうかねえ?

T0011187

アメリカ版『土竜(モグラ)の唄』ってところでしょうか。潜入捜査官ブリット・マーリングが、主役として健闘しています。 

環境汚染や薬害を生みだす利潤追求企業への「正義という名の」テロリズム集団(必殺仕置人か??)と、そこへの潜入捜査官のあれこれを描くわけですが、あまりサスペンスフルではない、というかそこらへんにはさほど興味が無さそうです。むしろ「ミイラ取りがミイラに」現象(あるいはストックホルム・シンドロームもどき)を追っていきます。でも主人公がいくら苦悩したってねえ・・。あと終盤、特にラT0011187aストあたりの描写が不鮮明で、映画全体の完成度は低めの印象。恋愛がらみの部分もきちんと消化できていません。さらに社会派の側面も、娯楽性に負けて嘘っぽいですし。

エレン・ペイジの父親(社長)役のおっさんが脱ぐと、笑っちゃうぐらい凄い胸の筋肉! この人が工場廃液入りの水に浸かって出てきた時には、「ああ、この人、このまま『悪魔の毒々モンスター』 になってしまうような展開ならメチャ面白いのに・・・と思った大江戸なのでした。

|

« イチゴを使ったお菓子だよ | トップページ | 「オンリー・ゴッド」:スタイリッシュ&バイオレント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/54917554

この記事へのトラックバック一覧です: 「ザ・イースト」:米国版「土竜の唄」か?:

» ザ・イースト [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。原題:The East。リドリー・スコット製作、ザル・バトマングリッジ監督、ブリット・マーリング、アレキサンダー・スカルスガルド、エレン・ペイジ、ジュリア・オーモン ... [続きを読む]

受信: 2014年2月 8日 (土) 22時59分

» 「ザ・イースト 」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「The East」2013 USA/UK 脚本、製作、出演(サラ/ジェーン)に「アナザー プラネット/2011」「キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け/2012のブリット・マーリング。 ベンジーに「メランコリア/2011」のアレキサンダー・スカルスガルド。 イジーに「JUNO/ジュノ」2007」「ローラーガールズ・ダイアリー/2009」「ローマでアモーレ/2012」のエレン・ペイジ。 ドクに「ロックンローラ/2008」「わたしの可愛い人-シェリ/2009」「悪の法則/2013」のトビ... [続きを読む]

受信: 2014年2月 9日 (日) 00時00分

» 「ザ・イースト」 [ここなつ映画レビュー]
製作・脚本・主演の3役をこなしたブリット・マーリング。才能がある女性っているんだねぇ〜、すごい。しかし、それを鑑賞後に知ったため、思い返すとある種の優等生的な、理想主義的な部分(特にラスト)があったな、と思う。割と女性に多い感じの。才能がある人にのみ許された高邁な戦略。そこに辟易として鼻持ちならないと思うのか、純粋に応援したくなるのか。もう若くない私はしみじみと、ああ、でも本当にこういう女性に世界を変えていって欲しい、と思う。物語は、環境汚染や健康被害をもたらす企業を標的に過激な報復活動を重ねる環境... [続きを読む]

受信: 2014年2月10日 (月) 14時48分

» 『ザ・イースト』 (2013) [相木悟の映画評]
社会正義に一石を投じる問題作! 「う〜ん」と頭を悩ませる優良社会派サスペンスであった。 本作は、良質な作品を送り出してきた20世紀FOXの子会社、FOXサーチライトの創立20周年記念を祝うプロジェクト第2弾。商業狙いではない個性的で意義のある作品が売りの当...... [続きを読む]

受信: 2014年2月15日 (土) 11時20分

« イチゴを使ったお菓子だよ | トップページ | 「オンリー・ゴッド」:スタイリッシュ&バイオレント »