« 「パズル」:作品自体が時間のパズル | トップページ | 渋谷駅の桜満開 »

2014年3月19日 (水)

「ディズニー 夢と魔法の90年展」@松屋銀座

1395235568347

松屋銀座で初日の『ディズニー 夢と魔法の90年展』を見ました。サブタイトルにありますように「ミッキーマウスからピクサーまで」のディズニー映画作品を網羅的に紹介した展覧会です。おお、ポスターもミッキーマウス、白雪姫、ジャック・スパロウ、バズ・ライトイヤーのシルエットではありませんか。

1395235578819

エレベーターを降りると等身大のマイクとサリー(『モンスターズ・ユニバーシティ』)がお出迎え。

1395235603114

平日の午前中だというのに、結構混んでいました。

展覧会はディズニー・アニメーション=ミッキーマウスの誕生に始まり、白雪姫、くまのプーさん、メリー・ポピンズ、ライオン・キングなどの作品で年代を追って紹介していきます。そこに差し込む形で、悪役などキャラクターの紹介とか、ディズニー・スタジオのこととか、ストップ・モーション・アニメ―ションのこととか、実写作品のこととか、プリンセスのコーナーとか、多角的にディズニー映画の全てを紹介していきます。なかなかに充実の内容でして、各コーナーごとに設けられた映像ディスプレイ(だいたい3-4分ぐらい)は、時間の関係ではしょりながら見て回りました。解説の「文字を読ませる」展示は、もう少し少ない方がいいのではと感じましたが、子供というよりは大人が楽しめる展覧会に仕上がっていました。1作ごとの扱いはそんなに多くありませんが、全体として見応えあります。

1395236695919
大江戸的にはティム・バートンがらみの『ナイトメア・ビフォー・クリスマス』や『フランケンウィニー』、さらには『パイレーツ・オブ・カリビアン』、そしてピクサーの立体CGアニメーションのコーナーなどが楽しめましたぞ。

そして出口のグッズ・コーナーの何百(何千?)アイテムの充実ぶりには驚きました。ポストカード、ぬいぐるみ、Tシャツなどの定番から手ぬぐいとかのユニークもの、さらにはオリジナル限定品のサーフボード35万円とかミッキー型エレキギター54万円(だっけ?)とかまでありました。びっくりです。

ディズニーのキャラクター管理(版権)の厳しさは有名ですが、ブランドを守るということを突きつめていくとああなりますもんね。 そして、「絶えざる革新が老舗ブランドを守っていく」ということにおいても、羊羹の虎屋とかルイ・ヴィトンとかと同じ哲学を感じさせずにはおきません。そこらも「夢をさめさせないためのディズニーの魔法」なんでしょうね。

|

« 「パズル」:作品自体が時間のパズル | トップページ | 渋谷駅の桜満開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/55439456

この記事へのトラックバック一覧です: 「ディズニー 夢と魔法の90年展」@松屋銀座:

« 「パズル」:作品自体が時間のパズル | トップページ | 渋谷駅の桜満開 »