« 村上訳「フラニーとズーイ」 | トップページ | http://tokokonats.exblog.jp/tb/22019984「リベンジ・マッチ」:上出来な娯楽作 »

2014年3月23日 (日)

「オール・イズ・ロスト 最後の手紙」:ザ・漂流もの

347514_002

映画『オール・イズ・ロスト 最後の手紙』は、登場人物一人のワン・シチュエーション・ドラマ、(叫びや助けを求める声などの例外以外は)台詞なし と、いろんなものをスリムに削ぎ落とした作品。その心意気やよし。言葉に頼らず、「絵」で見せて語る映画にしています。 77歳になったロバート・レッドフォード版『老人と海』でもありますねえ。

347514_006

全編漂流シーンのみ! いきなり冒頭から、何かが起こって主人公のヨットの土手っ腹に穴が開いて漂流しちゃってます。そこからは延々生還へ向けてのひとりぼっちの世界が続きます。って、コレ誰もが気づくように『ゼロ・グラビティ』と非常に似通ったドラマなのですよね。もっと寡黙なのですが。

347514_001

レッドフォードは昨年『ランナウェイ 逃亡者』で、若い時の髪形や輪郭のまま顔がシワだらけという妙な年の取り方を拝んだばかり。本作でも同様の年齢不詳感を漂わせながら、海の男のギリギリのサバイバルを、見ている方が消耗しそうなくらいに力演しています。「体当たりの演技」ってフレーズは、女優が脱いだ時じゃなくてこういう時に使ってもらいたいものです。

347514_007
ただ後世に残る名作となるためには、何かが不足している気がします。作品の「大きさ」ってこともあるのかも知れませんね。東京での公開がシャンテとシネマカリテだってことが示しているように、作品のもつスケールやポピュラリティが不足しているんですよね。そういうところを削ぎ落としていったから、しょうがないのですが。 かといって、アート・ピクチャーではないし。 時代とのマッチングが今ひとつだったんでしょうかねえ。

ところでエンドロールを見ると、この主人公の役名は“Our Man”。作者の狙いとしては、やはりあなたや私の物語でもあるのでしょう。でも小生だったら・・・、残念ながらここまで持ちこたえられる自信はないですねえ。

|

« 村上訳「フラニーとズーイ」 | トップページ | http://tokokonats.exblog.jp/tb/22019984「リベンジ・マッチ」:上出来な娯楽作 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/55490630

この記事へのトラックバック一覧です: 「オール・イズ・ロスト 最後の手紙」:ザ・漂流もの:

» オール・イズ・ロスト 最後の手紙 [佐藤秀の徒然幻視録]
Redford Only 公式サイト。All Is Lost。J・C・チャンダー監督、ロバート・レッドフォード。そもそも高齢に見える彼(ロバート・レッドフォード)がなぜヨットで単独航海していたのかも分か ... [続きを読む]

受信: 2014年3月23日 (日) 23時35分

» 『オール・イズ・ロスト 〜最後の手紙〜』 (2013) [相木悟の映画評]
生存本能と向き合う、猛き漂流ムービー! 大海原に一人投げ出される極限サバイバルを体感しながら、様々な教訓を持ち帰れる良作であった。 イケメン・スーパースターとして永遠の輝きを刻みながら、一方でサンダンス映画祭を主催し、インディーズ作家育成に力を注ぎ、...... [続きを読む]

受信: 2014年3月23日 (日) 23時40分

» 映画:オール・イズ・ロスト 〜最後の手紙〜 All Is Lost  サバイバルを賭けた孤独な闘い、なのだが(汗) [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
恐ろしくシンプルな構造。 主人公(ロバート・レッドフォード)はヨットで1人で航海中、事故に。 ヨットが海を漂う物体と衝突し、航行不能になってしまったのだ! その男のサバイバルを賭けた孤独な闘い。 実は、その男の「名前」さえわからない(笑) そう、登場人...... [続きを読む]

受信: 2014年3月25日 (火) 19時57分

» オール・イズ・ロスト 最後の手紙 [象のロケット]
インド洋をヨットで単独航海中の男が、水の音で目を覚ました。 気が付くと船室が浸水している。 海上を漂流していたコンテナが激突し、ヨットに横穴が空いてしまったのだ。 航法装置は故障し、無線もコンピュータも水浸しで使い物にならない。 そこはスマトラ島から3150キロ沖で、行き交う船はなく、いるのはサメの集団のみ。 やがて暴風雨が吹き荒れるのだが…。 海洋アドベンチャー。 ≪それでも、生きる。≫... [続きを読む]

受信: 2014年3月26日 (水) 14時51分

« 村上訳「フラニーとズーイ」 | トップページ | http://tokokonats.exblog.jp/tb/22019984「リベンジ・マッチ」:上出来な娯楽作 »