« 「メイジーの瞳」:オナタちゃんを見る映画 | トップページ | 下北沢のニューヨーク・カップケーキ »

2014年3月 9日 (日)

「魔女の宅急便」:風花ちゃんを見る映画

347053_004

映画『魔女の宅急便』は、あの宮崎駿作品の実写版。監督が『呪怨』をはじめホラー作品でおなじみの清水崇だってのが、凶と出るか吉と出るかってとこですね。

347053_008

ファンタジー・ワールドの造形・美術に関しては健闘しているのではないでしょうか。あのアニメーションの世界を、ファンタジーのお約束の中でリアルに着地させる作業。家屋や室内の色調にしたって、衣装デザインやカラーリングにしたって、ほうきの形や飾りにしたって、結構いい線行ってます。

347053_001
キキを演じる小芝風花ちゃんが、これまたいい線行ってます。まっすぐで、悩んだり落ち込んだりしながら、試練と対峙して乗り越えていく、凛とした少女のキャラクター。爽やかだけど、芯がしっかりしてる感じ。まさにジブリ・ヒロインっぽい感じです。やけに眉毛太かったけど。

347053_002

ただ清水演出って、基本的に映画のセンスって部分で垢抜けないもので、ちょっと作品完成度としてはねえ・・・。例えば、主要キャストの芝居はまずまずとしても、端役とかエキストラとかの動かし方がまずいのです(それは助監督の仕事だとしても、それにOKを出しちゃうあたりが・・・)。いや、それ以前にそういう人たちの「顔」の選び方がまずいのです。

347053_003物語はカバの件りが多分に嘘っぽく強引。無理矢理作った感じとでも言いましょうか・・・。意地悪で粗暴なだけの新井浩文のキャラクターもどうかと思いますし。

まあ、それでも風花ちゃんの存在が、この映画を救っております。本年度各種映画賞の「新人賞」部門には、きっと入ってくるのでであろうと思います。

|

« 「メイジーの瞳」:オナタちゃんを見る映画 | トップページ | 下北沢のニューヨーク・カップケーキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/55307517

この記事へのトラックバック一覧です: 「魔女の宅急便」:風花ちゃんを見る映画:

» 魔女の宅急便(2014) [佐藤秀の徒然幻視録]
高梨沙羅がスキー板を箒に替えた的な 公式サイト。角野栄子原作、清水崇監督。小芝風花、尾野真千子、広田亮平、山本浩司、新井浩文、吉田羊、寿美菜子、YURI、LiLiCo、浅野忠信、筒 ... [続きを読む]

受信: 2014年3月 9日 (日) 23時47分

» 魔女の宅急便 ★★★ [パピとママ映画のblog]
宮崎駿によってアニメ化もされた、角野栄子の名作児童文学を原作にしたファンタジードラマ。一人前の魔女になるための修行として、知らない町で1年間生活する13歳の少女キキがさまざまな出来事を通して成長するさまを見つめる。監督は、『呪怨』シリーズの清水崇。キキを...... [続きを読む]

受信: 2014年3月10日 (月) 19時39分

» 映画 魔女の宅急便 [こみち]
JUGEMテーマ:映画館で観た映画nbsp; nbsp; ◆実写版 魔女の宅急便 nbsp;  キキ役の小芝風花が、洗濯物をロープにくっ付けて飛ぶシーンは nbsp;  迫力があり、流石は実写だと思いました。 nbsp;  アニメ版は少ししか見ていなのでで、小説版との比較に nbsp;  なってしまいますが、キキが生まれたところが断崖絶壁のような場所 nbs... [続きを読む]

受信: 2014年3月10日 (月) 21時25分

» 魔女の宅急便 [だらだら無気力ブログ!]
CGがしょぼいなぁ。 [続きを読む]

受信: 2014年3月12日 (水) 00時09分

» [映画『魔女の宅急便(2014)』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆予告編を見て、こりゃ、かなり「ヤバめ(不出来っぽい)」の作品だなぁ、と思いつつの鑑賞。  結果、ハードルを低くして見たので、それなりに楽しめました。  なお、私は、ジブリアニメの『魔女の宅急便』は未見です。^^;  この映画の一番感心する点は、アニメ版...... [続きを読む]

受信: 2014年3月13日 (木) 00時43分

» 魔女の宅急便 [象のロケット]
魔女の母コキリと人間の父オキノの間に生まれた少女キキは、「13歳の満月の夜に旅立ち、魔女のいない町で一年間修行をする」という古くからの決まりに従い、黒猫のジジとほうきに乗って旅に出ることに。 海辺の町コリコで暮らすことにしたキキは、パン屋の女将・おソノの元に居候し、お届けもの屋「魔女の宅急便」を始める。 最初の客は、“とんぼ”という少年だったのだが…。 ファンタジー。... [続きを読む]

受信: 2014年3月14日 (金) 00時17分

» 魔女の宅急便 [単館系]
魔女の宅急便 新宿バルト9 3/1公開 魔女の家系である少女キキ(小芝風花)は、13歳になったのを機に 魔女になるための修行をすることに。 それは見知らぬ町で、1年間だけ生活するというものだった。 黒猫ジジと空飛ぶホウキに乗って旅に出た彼女は、海辺の町コリコへとたどり着く。 やがて、パン屋の女主人おソノ(尾野真千子)の家に居候し、宅急便屋を開業する。 つらい出来事があっても、...... [続きを読む]

受信: 2014年3月14日 (金) 22時04分

» 魔女の宅急便  監督/清水 崇 [西京極 紫の館]
【出演】  小芝 風花  尾野 真千子  宮沢 りえ  広田 亮平 【ストーリー】 魔女の家系である少女キキは、13歳になったのを機に魔女になるための修行をすることに。それは見知らぬ町で、1年間だけ生活するというものだった。黒猫ジジと空飛ぶホウキに乗って旅に出た彼...... [続きを読む]

受信: 2014年3月16日 (日) 20時37分

» [映画][☆☆☆★★]「魔女の宅急便」(2014年版)鑑賞 [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 1989年にスタジオジブリでアニメ映画化された、角野栄子原作の児童文学を、「呪怨」の清水崇監督、「おおかみこどもの雨と雪」の奥寺佐渡子脚本で実写映画化。 アニメ版は、言わずと知れた御大・宮崎駿監督の代表作の一つであると同時に、日本が世界に誇る傑作長編ア... [続きを読む]

受信: 2014年3月23日 (日) 19時36分

« 「メイジーの瞳」:オナタちゃんを見る映画 | トップページ | 下北沢のニューヨーク・カップケーキ »