« コレド室町とTOHOシネマズ日本橋 | トップページ | 「オール・イズ・ロスト 最後の手紙」:ザ・漂流もの »

2014年3月22日 (土)

村上訳「フラニーとズーイ」

1395497218744

J.D.サリンジャーの『フラニーとズーイ』を村上春樹が新訳したという新潮文庫を読みました。以前の野崎孝訳ではタイトルが『フラニーとゾーイー』でしたね。そこらへんは訳者村上さんの「好み」の問題なのだと、この文庫本の「投げ込み特別エッセイ」や新潮社の特設サイトにも書いてありました。サリンジャーは自分の著作に一切の解説やら追加要素を許さないので、このような変則的な形を取ったのだそうです。

何十年ぶりに読んだので、あらかた忘れておりましたが、スノッブであり哲学的であり言葉のアクロバット的であり、まあ実にサリンジャーなわけです。神童とうたわれたフラニーやズーイのダイアローグを読んでいると、ほとんどウディ・アレンの世界みたいな気もしてきます(まあサリンジャーもジューイッシュですし)。

とにかく短編『フラニー』→中編『ズーイ』へと読み進み、後になればなるほど加速度的にスピードがついてくるという不思議な物語です。設定が見えてくるまではちょっとしんどいのですが、『ズーイ』の途中でだいたいのプロットがセットされると、そこから後は面白くてどんどんスピードアップして読めるというよりは、物語自体が加速度をつけていくのです。

そしてあの聖なる、幸福なラスト。そこにある救済。よく文章でこういう境地を表現できたものだという、一種の離れ業です。もちろんそこは、サリンジャーが多くの悩みの果てにたどりついた境地でもあるはずです。

春樹氏同様小生にとっても、「こんなに面白い話だったんだ!」と再発見した世界なのでした。

|

« コレド室町とTOHOシネマズ日本橋 | トップページ | 「オール・イズ・ロスト 最後の手紙」:ザ・漂流もの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/55478784

この記事へのトラックバック一覧です: 村上訳「フラニーとズーイ」:

« コレド室町とTOHOシネマズ日本橋 | トップページ | 「オール・イズ・ロスト 最後の手紙」:ザ・漂流もの »