« 「アナと雪の女王」:モンスターの孤独と哀しみ | トップページ | 「映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」:味わい深い大人向け »

2014年4月22日 (火)

村上春樹の「女のいない男たち」

1398174465022

村上春樹9年ぶりの短編集『女のいない男たち』を読みました。昨年晩秋から今年の早春に発表された5作品に書きおろし1篇を加えた6つの物語。

珍しく春樹さんが「まえがき」をつけているのですが、そこに書いてあるように、ビートルズ『サージェント・ペパーズ』やビーチ・ボーイズ『ペット・サウンズ』を思わせる「コンセプト・アルバム」的短編集となっています。何らかの理由で「女のいない」状態になった男たちを描いていて、まあ春樹さんの文体なので、かなり色合いは似通っています。

もともと「喪失感」の作家である春樹さんの選ぶテーマとして、どストライクです。そして春樹さんの実年齢に引っ張られるように、各作品の主人公も昔に比べて年齢が上がっています。

いずれにせよ、ハルキ的短編小説の味わいを十分に愉しみました。

それはそうとこの表紙の絵に描かれたいきもの、犬のような、きつねのような、いたちのようなやつ。これ、本書を読むとわかるのですが、なんと猫なんです! おどろきですよね(見えません)。

|

« 「アナと雪の女王」:モンスターの孤独と哀しみ | トップページ | 「映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」:味わい深い大人向け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/55894544

この記事へのトラックバック一覧です: 村上春樹の「女のいない男たち」:

« 「アナと雪の女王」:モンスターの孤独と哀しみ | トップページ | 「映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」:味わい深い大人向け »