« 村上春樹の「女のいない男たち」 | トップページ | マックのアボカドビーフバーガー »

2014年4月23日 (水)

「映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」:味わい深い大人向け

347371_002

『映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』は、久々に持ち直して上出来だった前作『バカうまっ! B級グルメサバイバル!!』をも上回る良作。そして久々の「大人向け全開」ってことで、なかなかに深い味わいの作品となっておりました。

347371_004

脚本がなんと中島かずき(劇団☆新感線)! 1959年生まれの中島が、同年代のおじさんたちの悲哀をっぷり描いていています。 そして小ネタもたっぷり。謎のエステサロンを探し歩く場面には、店名の看板に「パシフィック・リム」「トランスフォーマー」「ターミネーター」などの文字が並びます(ロボット戦闘ものってことで・・・)。 カスカベボーイズたちが「大人の階段」とやらを昇る場面ではボーちゃんが「H20」とつぶやきます(「♪大人の階段のーぼるー 君はまだシンデレラさ」で有名な『想い出がいっぱい』を歌ったのはH2Oという男性二人組。 『朝まで生ノハラ』の司会者が、しんちゃん扮する「たはらしんのすけ」だってのも笑えました。

347371_003

そもそも「男ってなんで大きなロボットが好きなのかしら?」「バカだからよ。」なんて本質的な台詞、この人でないとなかなか書けません。

父親の復権はいいけれど、それが行き過ぎるととても危険なことになるという物語展開は、おそらく「美しい日本の復権」から危険な足音が聞こえている時代への警鐘と取っていいのでしょうね。

347371_005

でもとーちゃんとロボとーちゃんの軋轢・葛藤から美しい結末への展開は、奇をてらったものではなく、きちんと考えられた職人仕事でした。そして夫婦愛を描く件りでは、3回ほどグッときてしまいました。

前作ではオープニングテーマ(『キミに100パーセント』)に起用されたきゃりーぱみゅぱみゅですが、今回はそれに加えてエンディングテーマ(『ファミリーパーティー』)も担当しておりました。

|

« 村上春樹の「女のいない男たち」 | トップページ | マックのアボカドビーフバーガー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/55909373

この記事へのトラックバック一覧です: 「映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」:味わい深い大人向け:

» 映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん [象のロケット]
ある日、ギックリ腰を治しにマッサージに行ったとーちゃんが、なんと、ロボットになって帰ってきた! 戸惑うみさえと大喜びのしんのすけ。 美味しい料理を作ったり、家をピカピカにしたり、リモコンでも操作できる“ロボとーちゃん”は、ちょー便利。 しかしそれは、日本の父親たちの復権を目論む「父ゆれ同盟(父よ、勇気で立ち上がれ同盟)」による巨大な陰謀だった…。 大ヒットアニメ劇場版第22弾!... [続きを読む]

受信: 2014年4月28日 (月) 11時09分

» 『クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』をキネカ大森2で観て、しんちゃん面白えーふじき★★★★ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【★★★★ギャグに織り交ぜる哀しいオヤジ復権の調べ】   ひろしがマッサージに行ったらロボとーちゃんになって帰ってきた。 野原一家は父親革命に巻き込まれてい ... [続きを読む]

受信: 2014年5月 2日 (金) 17時42分

« 村上春樹の「女のいない男たち」 | トップページ | マックのアボカドビーフバーガー »