« 今日の点取占い207 | トップページ | かめさん、たつさん、くまさん、ぞうさん »

2014年4月10日 (木)

バート・バカラック来日公演

1397138986556

NHKホールで、バート・バカラックの来日公演「An Evening with BURT BACHARACH and Tokyo New City Orchestra」を堪能して来ました。いやー、客席の平均年齢高いっす。

それもそのはず、バカラック御大は、当年とって85歳(来月には86歳)。60年に及ぶアーティスト生活を送っているポップスの神様ですもん。来てくれて、コンサートやってくれること自体が奇蹟のようなもんです。

ステージ中央にスタインウェイのグランドピアノ。そこにバカラックが座り、その脇にボーカリストが3人(女性2名、男性1名)、ピアノの後方にバカラックのバンドメンバー(管楽器やらキーボードやらベースやらバイオリンやら)、そして両翼を東京シティ・オーケストラが固めるという配置。 トラッドなネイヴィーブレザー姿のバカラックさんは、さすがに歩く姿が年寄りではあります。でも情感たっぷりにピアノを弾く姿はカッコイイんですよねー。人間国宝を見る思いでした。歌はほとんどボーカリストにまかせているのですが、何曲か自分でも歌っておりました。ただ、やはり声は思うように出ない感じでした。でももともとしゃがれ声で詩をささやくような歌い方なので、好意的に見れば「味がある」とも言えますでしょう。

最もポピュラーな『遥かなる影(Close to You)』『アルフィー(Alfie)』『雨にぬれても(Raindrops Keep Falling on My Head)』あたりでも、短いアレンジでさらっとやっちゃうあたりが、神様ならではってところでしょうか。特段の演出はなく、ただひたすら曲を演奏する(時々のMCを交えて)コンサートでした。何度か袖に引っ込んだと思ったら、すぐに出て来て、結局正味1時間40分のコンパクトなライブでした。ちょっと物足りなくもあったけど、まあ85歳なんだから、これ以上はなかなかですよね。

小生とバカラックとのそもそもの出会いは、大好きな映画『明日に向って撃て!』の名曲『雨にぬれても』(Raindrops Keep Falling on My Head)。その他もろもろの映画音楽だとか、エルヴィス・コステロとの共作だとかで、敬愛するアーティストなのであります。 まあ、バカラックといえば「管(楽器)」。突きつめればトランペットの小粋な使い方ですよね。今日のコンサートでも、それは明らかでした。 

こう言っちゃあなんですけど、目に焼き付けることが出来て良かった・・・そんな思いです。

|

« 今日の点取占い207 | トップページ | かめさん、たつさん、くまさん、ぞうさん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/55723727

この記事へのトラックバック一覧です: バート・バカラック来日公演:

« 今日の点取占い207 | トップページ | かめさん、たつさん、くまさん、ぞうさん »