« サッカー女子のベトナム戦とヨルダン戦 | トップページ | 文明堂「銀座の蜂蜜バームクーヘン」 »

2014年5月20日 (火)

「百瀬、こっちを向いて。」:中村優子のほうれい線

347493_001

映画『百瀬、こっちを向いて。』の監督=耶雲哉治さんが、あの「NO MORE 映画泥棒」CMの演出家だということを鑑賞後に知って、驚きました。当たり前だけど本作はトーンが全然違って、ちゃんとした映画の世界だったものですから。それにしても『桐島、部活やめるってよ』に似たタイプのキャスティングなのですよね。主人公男子が内気でもてないメガネくん、その親友がダサダサ男子、百瀬の方もクールな美貌とスタンダード・ボブ(おかっぱ頭)ってことで橋本愛に結びつきますもんね。その他にも『桐島』との共通点は多いと思います。

347493_002
話自体はなかなかビターで、百瀬の行動にはあまり共感できないものなので、そこは配役にかかってくるのですが、早見あかりはクールに整い過ぎていて、大人っぽ過ぎて、ちょっとミスキャストなのでは・・・。 ここは、もっと素朴で「一生懸命な感じ」のする女の子が適任だったっと思います。

『ルーズヴェルト・ゲーム』(TBS)でピッチャー役をやっている工藤阿須加が出ているのですが(宮崎先輩役)、なんと彼はあの工藤公康投手の息子さんなんですってね。驚きました。

347493_006

ところで本作の脚本は狗飼恭子さん。あの『ストロベリーショートケイクス』のホンを書いた方ですが、同作でとても印象的だった中村優子さんが重要な役で出演しています。主人公男子が大人になって(向井理になって)再会する神林先輩の役。つまり石橋杏奈が年取って1児の母となったのが中村優子という設定です。これがなかなかどうして、いいのです。

347493_005

最近は東京ガスのCMで「私も綾野剛がいい」とかつぶやいている中村さんですが(あのCMでも微妙な表情演技が抜群です)、大江戸はこの方の演技力とか存在自体を、とっても評価しているのです(『血と骨』とか『ストロベリーショートケイクス』とか・・・)。本作ではナチュラルに、無表情に演技しながら、終盤の「女の深み」でぞくっとさせます。無意識の凄みを演技で出せる人なのです。なにしろ作ったような笑顔を浮かべながら、そのほうれい線に芝居させている(!)のですから、恐るべし中村優子です。 小生は正統派の演技力で現在いちばん凄い女優は池脇千鶴だと思っていますが、変化球で凄いのはこの中村優子さんだと思います(「つぐみ」さんも異色で凄かったのですが、変な方に行っちゃいましたから)。

それにしても高校生時代には1-2歳の差だったはずなのに、向井と中村ではかなり年の差があるように見えてしまいます。そこらがちょっと気にはなりました。

|

« サッカー女子のベトナム戦とヨルダン戦 | トップページ | 文明堂「銀座の蜂蜜バームクーヘン」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/56252140

この記事へのトラックバック一覧です: 「百瀬、こっちを向いて。」:中村優子のほうれい線:

» チョコレートドーナツ [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。原題:Any Day Now(今日にも)。トラヴィス・ファイン監督。アラン・カミング、ギャレット・ディラハント、アイザック・レイヴァ、フランシス・フィッシャー。 主演のアラン ... [続きを読む]

受信: 2014年5月20日 (火) 23時18分

» 百瀬、こっちを向いて。/早見あかり [カノンな日々]
作家の乙一さんが中田永一という別名義で執筆したベストセラー小説を「NO MORE 映画泥棒」などの演出を手がける耶雲哉治さんがメガホンをとり映画化した青春ラブストーリーです。こ ... [続きを読む]

受信: 2014年5月21日 (水) 09時46分

» 百瀬、こっちを向いて。★★★ [パピとママ映画のblog]
作家の乙一が、中田永一という別名義で執筆したベストセラー小説を原作とした青春ロマンス。ひょんなことから、期間限定でカップルを装うことになった高校生の男女が次第に惹(ひ)かれ合っていく姿を見つめる。人気アイドルグループ、ももいろクローバーのメンバーだった...... [続きを読む]

受信: 2014年5月21日 (水) 14時55分

» 百瀬、こっちを向いて。 [象のロケット]
文学新人賞を受賞した相原ノボルは、母校からの依頼で講演をするため、久々に故郷に帰って来た。 …15年前。 高校1年のノボルは、幼なじみで学校一の人気者の先輩・宮崎瞬から紹介された女子・百瀬陽と「付き合っているフリ」をすることになってしまう。 それは、神林徹子という本命の彼女がいる瞬と、百瀬が付き合っているという噂を打ち消すためのウソだった。 百瀬は瞬のことが好きだったのだが…。 青春ラブストーリー。... [続きを読む]

受信: 2014年5月23日 (金) 20時28分

» 百瀬、こっちを向いて。 [とりあえず、コメントです]
中田永一著の同名小説を映画化した青春ドラマです。 原作は未読ですけど人気の高い小説ですので、どのように映画化されるのだろうと気になっていました。 15歳という子供と大人の狭間に生きる難しさと純粋さを改めて感じさせてくれるような作品でした。 ... [続きを読む]

受信: 2014年5月24日 (土) 22時53分

» 『百瀬、こっちを向いて。』をUCT11で観て、早見あかりには申し訳ないけど残念ふじき★★ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【★★話が設定を乗り越えられなかったっつーか】   原作小説未読。 原作の中田永一の(※)小説は 映画になった『吉祥寺の朝日奈くん』にインスパイアされて、 ... [続きを読む]

受信: 2014年6月15日 (日) 03時19分

« サッカー女子のベトナム戦とヨルダン戦 | トップページ | 文明堂「銀座の蜂蜜バームクーヘン」 »