« なでしこ、 120+5分に劇的決勝弾! | トップページ | 「たまこラブストーリー」:ピュア&イノセント »

2014年5月23日 (金)

「ブルージャスミン」:ケイトのワキ汗

347358_005

映画『ブルージャスミン』はウディ・アレン久々のクオリティーの高さ。最近のヨーロッパ観光都市路線は、撮ってるアレンも観光気分なのか、良くも悪くもスケッチのような軽みが身上だったのですけど、こいつは映画として「クラシック」になっていきます。質と完成度の高さにおいて、『マッチポイント』('05)までさかのぼるレベルだと思います。

347358_003

この脚本で、主役をケイト・ブランシェットが受けた時点で、作品の成功は約束されました。ってよりも、ケイトのオスカー獲得は約束されました。今年のアカデミー賞で一番テッパンとされていて、実際に受賞したケイトの演技は、近年の女優演技の中でもピカイチのスケールと押し出しと振れ幅で屹立しています。

347358_001
自業自得というか、ザマーミロというか、良識派の庶民から見ると、ジャスミンの没落はむしろ愉快なことなのですけど、この人はこういう生き方しかできない、こういう考え方しかできない人。不思議の国の住人なのです。そこがぞっとするところですね。

347358_002

転げ落ち、悪あがきし、更にドツボにはまっていくさまは、今年公開の日本映画『東京難民』(笹部清監督)を思わせたりもします。『サンフランシスコ高等難民』ってとこでしょうか。 転げ落ちてデスパレート状態での「はげ落ちマスカラ」とか「びっちょりワキ汗」とかがまたスゴイです。サラサラ汗じゃなくて「悪い汗」だってことが、ちゃんとわかります。『フィクサー』('07)のティルダ・スウィントンによるオープニング・シーンと並ぶ2大ワキ汗名場面です。

347358_006

(以下ネタバレあり) 終盤からラストに至る「どん底への叩き落とし方」は、今までのアレン映画には無かったほどのものでしょう。でも、微妙にコミカルでもあり、何よりケイト・ブランシェットの芝居の見せ場になっているので、哀しみや憐れみよりも、狂気芝居への感嘆が先に立つのです。『サンセット大通り』のグロリア・スワンソンや『欲望という名の電車』のヴィヴィアン・リーみたいな「見せ場」だよなあ、女優冥利だろうなあなどと考えてしまうわけなのであります。

|

« なでしこ、 120+5分に劇的決勝弾! | トップページ | 「たまこラブストーリー」:ピュア&イノセント »

コメント

大江戸さん ブルージャスミン・・・彼女は・・・

>大ワキ汗名場面です。
 ハハッ 大いに笑いましたhappy02
 こんな しょうもない コトを 熱心に 書かれるとは 感心しました。

>自業自得というか、ザマーミロというか、良識派の庶民から見ると、ジャスミンの没落はむしろ愉快なことなのですけど、
 まあ おっしゃるとおりですね。 でも そんな彼女を憎めない女と見えるところが ウッディアレンの演出の賜物といえるんじゃないでしょうか。

 けど それでも 彼女のごう慢身勝手ぶりには ムカムカは少なからずありました。 ”世間知らずの元セレブの ごう慢ぶりに 振り回される 周囲の者たちの気持ち 考えても見てくださいよ・・・! ”とは言いたくなりますよね。

投稿: | 2014年7月 4日 (金) 10時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/56292119

この記事へのトラックバック一覧です: 「ブルージャスミン」:ケイトのワキ汗:

» ブルージャスミン [佐藤秀の徒然幻視録]
モテ過ぎて自立できなかった女性の悲劇 公式サイト。原題:Blue Jasmine。ウディ・アレン監督。ケイト・ブランシェット、アレック・ボールドウィン、ルイス・C・K、ボビー・カナヴェイ ... [続きを読む]

受信: 2014年5月24日 (土) 00時19分

» 映画『ブルージャスミン』★そんなジャスミンに残されたのは [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/163894/ ↑ あらすじ・配役はこちらを参照ください。 それは、セレブ女性の転落の物語―― ウッディ・アレン 監督作品なので、 転落人生と言えども、コミカルにシニカルに、魅せてくれるものと期待☆  ..... [続きを読む]

受信: 2014年5月24日 (土) 00時21分

» 【 ブルージャスミン 】虚飾の花 [映画@見取り八段]
ブルージャスミン~ BLUE JASMINE ~     監督: ウディ・アレン    出演: ケイト・ブランシェット、サリー・ホーキンス、アレック・ボールドウィン、ピーター・サースガード、ルイス・C・K、ボビー・カナヴェイル、アンドリュー・ダイス・クレイ、マイケル・スタ…... [続きを読む]

受信: 2014年5月24日 (土) 02時55分

» 『ブルージャスミン』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ブルージャスミン」□監督・脚本 ウッディ・アレン□キャスト ケイト・ブランシェット、サリー・ホーキンス、アレック・ボールドウィン、       ピーター・サースガードド、ルイス・C・K ■鑑賞日 5月11日(日)■劇場 10...... [続きを読む]

受信: 2014年5月24日 (土) 07時37分

» 『ブルージャスミン』 (2013) [相木悟の映画評]
ウディ・アレンが届ける、苦〜いシニカル・コメディ! 喜劇なのか、悲劇なのか、苦笑をまじえつつ複雑な後味の残る匠の逸品であった。 本作は、ルーティン・ワークな映画製作を己に課し、職人的に独自のアート路線を快走するウディ・アレンの監督第44作。最近はアメ...... [続きを読む]

受信: 2014年5月24日 (土) 11時23分

» 「ブルージャスミン」 [セレンディピティ ダイアリー]
ウッディ・アレン監督の最新作、「ブルージャスミン」(Blue Jasmine)を [続きを読む]

受信: 2014年5月25日 (日) 11時32分

» No.385 ブルージャスミン [気ままな映画生活]
上流階級から転落したヒロインが再起をかけて奮闘し、苦悩する姿を描いたドラマ。ニューヨークの資産家ハルと結婚し、セレブリティとして裕福な生活を送っていたジャスミンは、ハ ... [続きを読む]

受信: 2014年5月25日 (日) 22時08分

» ブルージャスミン [象のロケット]
アメリカ・ニューヨークで、裕福な実業家の夫ハルとリッチな生活を送っていたエレガントな女性ジャスミンは、全てを失い今や酒と精神安定剤が手放せない。 庶民的なシングルマザーの妹ジンジャーの元に身を寄せるが、セレブ気分が抜けない彼女に周囲は呆れるばかり。 パーティーで知り合った独身のエリート外交官ドワイトと付き合い始めたジャスミンは、上流階級への返り咲きを夢見る…。 ヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2014年5月26日 (月) 18時28分

» ブルージャスミン [映画的・絵画的・音楽的]
 『ブルージャスミン』を吉祥寺バウスシアターで見ました(これで同館は見納めになるかもしれません)。 (1)およそ1年ぶりのウディ・アレン監督作品であり、主演のケイト・ブランシェットがアカデミー賞主演女優賞を受賞したということで映画館に行ってきました。  本...... [続きを読む]

受信: 2014年5月26日 (月) 20時30分

» ショートレビュー「ブルージャスミン・・・・・評価額1650円」 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
ジャスミンは夜、密かに咲く。 ここしばらくのヨーロッパ観光地巡りに飽きたのか、久々に母国へ戻ってきたウッディ・アレンの、ビターでアイロニカルなヒューマンドラマ。 今回アレン翁の俎上にあげられるのは、21世紀に入ってから加熱する一方のアメリカのセレブカルチャーだ。 主人公のジャスミンは、ニューヨークでの金満セレブ生活から転落、一文無しとなってサンフランシスコに住む妹ジンジャーのアパー...... [続きを読む]

受信: 2014年5月27日 (火) 22時08分

» ウディ・アレン監督、ケイト・ブランシェット主演『ブルージャスミン(Blue Jasmine)』 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
『ブルージャスミン』(Blue Jasmine)ウディ・アレン監督ケイト・ブランシェットが本作でアカデミー賞、ゴールデングローブ賞(ドラマ部門)の主演女優賞を受賞した(他、各種映画賞多数)物語・ジャス... [続きを読む]

受信: 2014年6月 1日 (日) 00時54分

» 映画:ブルー・ジャズミン Blue Jasmine 落ちぶれた元 NYセレブ主婦を演じるケイト・ブランシェット。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
公開が近くになってからアップしようと思っていたのだけど、公開が5月(観て半年以上も先!)と知り、お先に。 今回の主演はケイト・ブランシェット。 彼女の演技が注目されており、いよいよ主演女優賞でオスカー獲得か?と騒がれている。 (The Aviatorでキャサリン...... [続きを読む]

受信: 2014年6月 4日 (水) 00時50分

» ブルージャスミン [とりあえず、コメントです]
ケイト・ブランシェットがアカデミー賞で最優秀主演女優賞を受賞したウディ・アレン監督作です。 かなりブラックそうだけど、アカデミー賞だし…と気になっていたのでチャレンジしてみました。 さすがの演技とウディ・アレン監督の笑いにも通じるブラックさに、愛って怖い~と思いながら観ていました。 ... [続きを読む]

受信: 2014年6月 7日 (土) 23時52分

» 憂鬱な夜に咲く花~『ブルージャスミン』 [真紅のthinkingdays]
 BLUE JASMINE  ニューヨークからサンフランシスコへやってきたジャスミン(ケイト・ブラン シェット)は、夫が逮捕されたため、セレブから無一文に転落していた。血 の繋がらない妹で、シングルマザーのジンジャー(サリー・ホーキンス)の 元へ身を寄せ、心機一転を図るジャスミンだったが、華やかな生活が常に フラッシュバックし・・・。 ...... [続きを読む]

受信: 2014年6月12日 (木) 21時18分

« なでしこ、 120+5分に劇的決勝弾! | トップページ | 「たまこラブストーリー」:ピュア&イノセント »