« 「チョコレートドーナツ」:声高にではなく・・・ | トップページ | 「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」:地味だけどうまいなあ »

2014年6月15日 (日)

コートジボアール戦敗戦のなぜ?

ワールドカップ日本の初戦、vs.コートジボアールは1-2の逆転負け。TVで見たいた小生も、気合いが入っていただけに相当にダメージを受けました。かなり「しおしお」になりました。

雨のせいなのか、蒸し暑さのせいなのか、コートジボアールの呪術師のまじないのせいなのか、日本の動きが明らかに精彩を欠いて、最後まで良い時の「らしさ」が出ずじまいでした。前半だって、そんなに走らされていた印象はないんですけどねえ。よくある、W杯初戦らしい「慎重な試合運び」ではあったと思いますが、そもそもあれだけみんなで直前に「攻撃サッカーを貫く」と言っておきながら、なんで??という思いです。まず前線の選手たちがファースト・ディフェンスに行かない、行っても周りの選手が連動しない。ラインが低めなので、選手間の距離が開き過ぎている。1対1に負けるのはしょうがないとして、2対1、3対1を作れない。ボール奪われ過ぎ。そもそもミスが多過ぎる。逆襲時の選手たちの上りが遅過ぎる。両サイドの効果的な上がりが少ない、ってゆーかサイドの攻防で完全に負けていた。シュートが少ない。走らない。などなどと、(本田の得点シーン以外は)いいとこなしでした。ザッケローニの雨用ツバ付キャップ(ま、野球帽ですね。サッカーだけど)が珍妙だったのが、よくなかったのでしょうか?

繰り返しますが、なぜあんなに、コンパクトな陣形で走って数的優位を作り、パスをつなげて主導権を握る「攻撃サッカー」宣言をしていたくせに、全然それができなかったのか? 不思議過ぎます。

もう連勝しかないと、割り切って行くしかないですね。コロンビアが2試合目で決勝トーナメント進出を決めてくれれば、3戦目に主力を温存して手を抜いてくれれば、奇跡の逆転は起こせるはずです。今日の『ルーズヴェルト・ゲーム』を見てても、そう思いますもん(なんのこっちゃ)。

|

« 「チョコレートドーナツ」:声高にではなく・・・ | トップページ | 「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」:地味だけどうまいなあ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/56511618

この記事へのトラックバック一覧です: コートジボアール戦敗戦のなぜ?:

» 6/15 サッカー日本代表はコートジボワールに逆転負けも、阪神8-1西武などセ・リーグ全勝 [ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2]
ssasachan / スーパーサウスポーあさちゃん。本田△\(^o^)/ atnbsp;06/15 10:16で先制したのは良かったのですが… 6月15日(日)10時(日本時間)~ グループC:コートジボワール対日本(アレナ ペルナンブーコ) コートジボワール 2-1 日本 【得点】 前半:0…... [続きを読む]

受信: 2014年6月16日 (月) 07時38分

» 日本1−2コートジボワール〜既視感〜 [虎哲徒然日記]
いつか見たような光景が、繰り返された。 前半から押したのはコートジボワール。ただ、シュートに正確性はなかった。そんな中での16分に、本田が左サイドからのボールをワンチ ... [続きを読む]

受信: 2014年6月16日 (月) 18時58分

» 「神様、仏様、ドログバ様」痛恨の逆転負けで初戦を落とす・・・2014年W杯・グループC:コートジボワール 2−1 日本 [ボヘミアンな京都住まい]
「神様、仏様、ドログバ様」 ・・・と書いてはみたものの、よくよく思い起こせば前回大会で相手様の大事なレジェンドに直前の強化試合で大怪我負わせてしまったのは元日本代表の誰かさんだったりしてたわけで、4年越しで因果応報が回ってきてしまったんかなぁ・・・とか・・・ ともあれ、ポゼッションで58:42と負けてしまってるようではドログバ以前の問題だと思います。コートジボワールのシンボル――第2次内戦の時に積極的に和平を呼びかけ動いていた、政治的・社会的意味で――のために舞台をわざわざお膳立てするような試合運び... [続きを読む]

受信: 2014年6月19日 (木) 20時17分

« 「チョコレートドーナツ」:声高にではなく・・・ | トップページ | 「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」:地味だけどうまいなあ »