« wearerのライブ@シモキタReG | トップページ | 「美しい絵の崩壊」:インモラルな毒々ファンタジー »

2014年6月 1日 (日)

「薔薇色のブー子」:くだらないけど笑えます

348249_004

映画『薔薇色のブー子』は、指原莉乃のコメディエンヌっぷりが遺憾なく発揮されました。福田雄一監督が指原のことをおもちゃのようにいじり倒しています。ここまで無茶苦茶やっちゃってAKB的には(HKT的には)良かったのでしょうか?

348249_001

ギャグに次ぐギャグのオンパレードですが、福田監督だけに「質は問わない」感じで、かなり素人っぽいもの、サムイものも多いのです。でもまあ数撃ちゃ当たるで、ところどころ本当に笑えます(逆に言えば、多くは苦笑の範疇でして)。ま、そういうテイストのものを作ろうとして作っているのですから、それはそれでいいのですけど、キムタクや金八先生の物まねネタとか、「おなか急降下」ネタとか出されると、さすがにちょっと引いちゃいますよね。

348249_002

髙島屋の「かぶせ」(繰り返し)ネタなどは馬鹿馬鹿しくて笑っちゃいますが、よくやったよなあ志賀廣太郎さん!(社長役) 人質の件りでの「かわいい」ネタも笑えたし、小嶋陽菜登場シーンやバスジャックの件りも悪くなかったです。一番冴えていたのは、隕石の場面でしょうか(シュール!)。 それにしても徹底して馬鹿馬鹿しいですね(一応ほめ言葉)。

348249_009
あまりといえばあまりの出来事の連打に終盤になると「何があっても受け容れる」状態になってしまうブー子がけっこうおかしいですね。『セーラー服と機関銃』までやらかしてましたし。 でも小生の好みからすると、こういうナンセンス・ギャグの連打、小ネタの連打やるんだったら、福田雄一よりも三木聡や堤幸彦なんですよねー。あしからずです。

エンドタイトルにかかる主題歌が、なんと指原と内田裕也さんとのデュエット! こりゃびっくりでした!

|

« wearerのライブ@シモキタReG | トップページ | 「美しい絵の崩壊」:インモラルな毒々ファンタジー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/56379148

この記事へのトラックバック一覧です: 「薔薇色のブー子」:くだらないけど笑えます:

» 薔薇色のブー子〜さしこ流シェキナベイベー [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。秋元康企画、福田雄一監督、指原莉乃、ユースケ・サンタマリア、ムロツヨシ、鈴木福、田口トモロヲ、三浦理恵子、片桐はいり、志賀廣太郎、佐藤二朗、小嶋陽菜、きた ... [続きを読む]

受信: 2014年6月 3日 (火) 22時31分

» 薔薇色のブー子 [だらだら無気力ブログ!]
笑えたけど、何にも残らない映画。 [続きを読む]

受信: 2014年6月 4日 (水) 00時02分

» 薔薇色のブー子 ★.5 [パピとママ映画のblog]
少女漫画のような出会いを夢見る女子大生が理想の男性と知り合ったのを機に自分を変えようと張り切るも、次々とトラブルに遭遇するドタバタコメディー。AKB48 32ndシングル選抜総選挙で1位となったHKT48の指原莉乃と、『HK/変態仮面』などの福田雄一監督が再びタッグを組...... [続きを読む]

受信: 2014年6月27日 (金) 11時33分

« wearerのライブ@シモキタReG | トップページ | 「美しい絵の崩壊」:インモラルな毒々ファンタジー »