« 「グランド・ブダペスト・ホテル」:キレイな色の眼福世界 | トップページ | 下北沢の変な方々とプチ・ガーデン »

2014年6月22日 (日)

「スイートプールサイド」:リアリティの補完が必要

348092_005

映画『スイートプールサイド』は「生えない」「生えすぎ」という毛の悩み、もっと突き詰めれば「剃毛」という題材だけで103分を突っ走る独創的な作品です。マンガが原作だそうですが、同じくマンガが原作の『月光の囁き』('99・塩田明彦監督)を思い出さずにはいられませんでした。

348092_007

主役の須賀健太くんはあの『ALWAYS三丁目の夕日』の男の子ですが、まあ大きくなったと言うべきか、まだ妙に子供じゃんと言うべきか・・・。でも、終盤に見せる狂気の演技に、何かヤバイものが混ざっていたのが役者としてお手柄です。

一方の刈谷友衣子ちゃんは昨年の『中学生円山』といい本作といい、変でキワドイ状況にばかり陥れられますねえ。そういう星の下に生まれたのでしょうか。かわいいのに、数奇な役者人生を歩んでおります。

348092_004

マンガから実写映画にするに当たって必要な「リアリティの補完」のための改変があまり成されていないので、ツッコミ所は結構多いです。そんな橋の下、丸見えすぎるだろう!とか、いったいどこで水着に着替えたんだよ?とか、そんな場所があるんならそこで剃ればいいじゃんとか・・・。 最初っから剃り方教えてやれよ!ってのもありますけど、そうすると話自体が成立しなくなっちゃうんでね。同様に、(電気)レディース・シェーバーがあるじゃん!ってのもここでは言っちゃあおしまいのようです。

348092_001

そこらへんで脚本と演出の映画変換作業をもう少し丁寧にやっていったら、『月光の囁き』のように「現代の谷崎」的世界に近づけたのだと思いますが、そうはなれませんでした。塩田明彦の方がセンスがあったし、塩田明彦の方がヘンタイだったのでしょう。 ラストの切れ味(剃り味?)も今一歩でした。

|

« 「グランド・ブダペスト・ホテル」:キレイな色の眼福世界 | トップページ | 下北沢の変な方々とプチ・ガーデン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/56581727

この記事へのトラックバック一覧です: 「スイートプールサイド」:リアリティの補完が必要:

» スイートプールサイド [象のロケット]
男子なのに毛が生えないことに悩む高校1年生・太田は、同じ水泳部の毛深い女子・後藤綾子をひそかにうらやましく思っていた。 ある日の放課後、部室で綾子に呼び止められた太田は、とんでもないお願いをされてしまう。 「太田くん…私の毛を剃ってくれない?」 毛に悩むふたりのヒミツの関係が、この瞬間からスタートした…。 青春ドラマ。... [続きを読む]

受信: 2014年6月29日 (日) 07時22分

« 「グランド・ブダペスト・ホテル」:キレイな色の眼福世界 | トップページ | 下北沢の変な方々とプチ・ガーデン »